二階幹事長がついに見限った? 安倍首相“口撃”2連発の真意

公開日: 更新日:

 今ごろ、安倍首相は疑心を深めているに違いない。自民党最大の実力者・二階俊博幹事長が、安倍首相を直撃する発言を連発したからだ。二階氏は26日、記者会見でこう発言した。

 まず、安倍政権が「桜を見る会」の招待者名簿を廃棄したことについて、「のちのちの記録、来年の参考にもなるから、いちいち破棄する必要はない」と安倍政権の対応に苦言を呈し、さらに安定的な皇位継承に関して、「男女平等、民主主義社会であることを念頭に考えていけば、おのずと結論は出ると思う」と、女性天皇を容認してみせた。

 いずれも、大多数の国民が納得する指摘だが、名簿の廃棄を「問題ない」と強弁し、女性天皇を否定している安倍首相からしたら、真っ向から異論を突きつけられた格好である。

 もともと、安倍首相と二階氏の関係は、決してよくない。9月の改造人事の時、安倍首相が幹事長から外そうとし、2人の間に亀裂が走ったとみられている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  2. 2

    エンゼルス大谷の現在地 調停金額で分かった二刀流の評価

  3. 3

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  4. 4

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

  5. 5

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  6. 6

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  7. 7

    ロッテ清田「無期限謹慎」は選手の不倫にブレーキかけるか

  8. 8

    巨人桑田コーチ補佐“先発135球”指令の波紋 何人できるか?

  9. 9

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  10. 10

    静岡で初確認の変異種は経路不明…首都圏・関西に蔓延危機

もっと見る