「桜を見る会」悪徳マルチ跋扈を許した経産OBと官邸の黒幕

公開日: 更新日:

 安倍政権と悪徳マルチ商法「ジャパンライフ」がズブズブの癒着関係にあったのは、もはや疑いようがない事実だろう。同社の山口隆祥元会長が2015年4月の「桜を見る会」に「総理枠」で招待されていた疑惑。野党は山口元会長が招待される9カ月前の14年7月に消費者庁内で作成されていたとする文書を公開。そこには消費生活センターなどに苦情が殺到していた同社に対して「政治的背景による余波懸念」などと記されていたため、野党が政府側に事実確認を要求。同庁は回答を拒否しているが、7日付の朝日新聞によると、当時の同庁担当職員が作成を認めたという。

  ◇  ◇  ◇

 文書は「本件の特異性」と題したメモ。記事によると、メモは懸案だった同社への立ち入り検査の是非が議題となった際に作成されたといい、この元職員は「政治的背景」と記した理由について「一般的に政治家はどんな業界とつながりがあるか分からないため、老婆心ながら書き込んだ」と明かしたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    危機感なき菅首相に尾身会長“ブチ切れ” 会見でアテこすり

  5. 5

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  6. 6

    吉岡里帆“貪欲さ”でアンチを味方に 沢尻エリカ逮捕が転機

  7. 7

    ステージ4が無実化…見捨てられた「緊急事態」5つの自治体

  8. 8

    前田敦子の全米進出に勝機 カギを握るは濃厚ベッドシーン

  9. 9

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  10. 10

    五輪選手村なぜ活用しない? コロナ感染者2日連続2千人超

もっと見る