「山健組」の弱体化を招いた元ナンバー3への“絶縁処分”

公開日: 更新日:

 5日午前、兵庫県警の捜査員約30人が、指定暴力団山口組「兼一会」の事務所(大阪市中央区)を家宅捜索。6代目山口組の幹部で同会会長の金奎轍(通称・植野雄仁)容疑者(67)を犯人隠避の疑いで逮捕した。

 植野容疑者は8月29日午後4時40分ごろ、事件を起こして逃走中だった組員に組事務所で逃走資金として現金を渡し、逃走を手伝ったとされる。

 兼一会はもともと神戸山口組の中核団体「山健組」傘下の組織で、ミナミでは宅見組と並んで絶大な力を持っていた。目と鼻の先には任侠山口組「絆連合」の組事務所があり、山口組が3分裂して以降、付近では3組織のいさかいが絶えなかった。

 中でも兼一会は「武闘派」として知られ、昨年4月には、違法カジノ店の経営をめぐり、トラブルになった同じ神戸山口組系の組長ら3人に、幹部ら5人が殴る蹴るの暴行を加え、逮捕されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    危機感なき菅首相に尾身会長“ブチ切れ” 会見でアテこすり

  5. 5

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  6. 6

    吉岡里帆“貪欲さ”でアンチを味方に 沢尻エリカ逮捕が転機

  7. 7

    ステージ4が無実化…見捨てられた「緊急事態」5つの自治体

  8. 8

    前田敦子の全米進出に勝機 カギを握るは濃厚ベッドシーン

  9. 9

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  10. 10

    五輪選手村なぜ活用しない? コロナ感染者2日連続2千人超

もっと見る