溝口敦
著者のコラム一覧
溝口敦ノンフィクション作家、ジャーナリスト

1942年7月5日生まれ。早大政経卒 徳間書店、博報堂勤務を経て、フリージャーリストに。暴力団や闇の世界に深く食い込んだド迫力ルポには定評がある。『食肉の帝王』で第25回講談社ノンフィクション賞受賞、日本ジャーナリスト会議賞受賞。『暴力団』(2011年)がベストセラーに。

出所の高山若頭が人事で動き回り「山口組3派」は荒れ模様

公開日: 更新日:

 極心連合会・橋本弘文会長といえば、山口組の若頭補佐だった当時、島田紳助との交際が明るみに出て、紳助引退の原因になった人物である。6代目山口組の若頭補佐の後、統括委員長になり、それなりにパワーを握る幹部だった(現、舎弟)。

 だが、今やそういう橋本会長が引退、極心連合会は解体と、ほぼ決まった。情報は幾通りか流れているが、出所後の山口組・高山清司若頭が大阪に出向き、橋本会長と面談したことは事実のようだ。

 高山若頭は、橋本会長に「あんたは引退して、極粋会・山下昇会長に極心連合会の2代目を譲れば」と要求した。今でも極粋会は極心と同様、山口組の直系組だから、いわば極心、極粋合併の上、会長の座を譲れとの申し渡しである。

 橋本会長はこれを拒否した。というのは、以前、山下会長が極心の若頭だったころ、金銭面でヘタを売り、橋本会長が彼を処分した。すると、当時は弘道会若頭だった竹内照明会長が乗り出して処分を撤回させ、山下会長を山口組の直参に昇格させた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  2. 2

    ジャニー喜多川氏のタイプはタッキー、東山、中居に分類

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  5. 5

    二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

  6. 6

    吉村府知事また出たドヤ顔“妄言”「陽性者と感染者は違う」

  7. 7

    トランプ「有罪」へ秒読み開始 共和党議員から20人造反か

  8. 8

    再エネで「嘘」を…英国政府を“激怒”させた経産省の大失態

  9. 9

    嵐・二宮「パパに!」報道が意外とファンに祝福されるワケ

  10. 10

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

もっと見る