鈴村裕輔
著者のコラム一覧
鈴村裕輔野球文化学会会長・名城大准教授

1976年、東京都出身。法政大学博士(学術)。名城大学外国学部准教授。主な専門は政治史、比較思想。野球史研究家として日米の野球の研究にも従事しており、主著に「MLBが付けた日本人選手の値段」(講談社)がある。スポーツを取り巻く様々な出来事を社会、文化、政治などの多角的な視点から分析している。アメリカ野球学会会員。

トランプ弾劾案可決に胸をなでおろす大リーグ経営者たち

公開日: 更新日:

 米国下院で、大統領ドナルド・トランプに対する訴追状案が可決された。

 大統領の条項が米国史上3例目であることなどから、各国の報道機関は「トランプ政権を巡る与野党の対立が頂点に達した」と喧伝している。トランプ以前に下院で弾劾案が可決された最後の大統領が1998年のビル・クリントン、さらに遡れば1868年のアンドリュー・ジョンソンにたどり着く。そのため、歴史的な出来事として人々が弾劾案に注意を引かれるのも当然だ。

■支持者の結束

 だが、トランプを罷免するためには上院議員の3分の2以上の賛成が必要となる。

 今回の訴追状案でも、共和党からの造反議員はいなかった。副大統領ペンスは穏健派ではあっても政治的な手腕への評価は高くなく、2020年の大統領選挙の候補はトランプでほぼ確定し、他の候補者たちは24年の選挙を目指している現状を考えれば、53人の上院共和党から20人以上の議員が造反する可能性はほぼ皆無だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  2. 2

    吉沢亮「青天を衝け」と綾瀬はるか「八重の桜」嫌な共通点

  3. 3

    Koki,がシャネルからお払い箱に…静香ママとも意見対立?

  4. 4

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  5. 5

    香取慎吾テレ東主演で明白…元SMAP3人“塩漬け”はお粗末!

  6. 6

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  7. 7

    和牛に海鮮…山田広報官ら東北新社“37万円ゴチ”お咎めは?

  8. 8

    山田真貴子氏は“ジジ殺し” 内閣広報官の評判と夜の流儀

  9. 9

    森七菜に二宮和也もデレデレ…男を“骨抜きトーク”は計算か

  10. 10

    新婚ホヤホヤ 草彅剛の20億円豪邸はキムタク宅がお手本?

もっと見る