保阪正康
著者のコラム一覧
保阪正康作家

1939年、北海道生まれ。同志社大卒。編集者を経て「死なう団事件」でデビュー。「昭和天皇 」など著書多数。2004年、一連の昭和史研究で菊池寛賞。

60年安保反対デモは日本人が戦争と縁切りする儀式だった

公開日: 更新日:
1960年5月1日、国会議事堂前のデモ(C)ジャパンタイムズ/共同通信イメージズ

 1960(昭和35)年のいわゆる「60年安保闘争」から60年である。60年安保は近現代史上で初めての国民的規模の反政府闘争であった。労働者、学生、市民、主婦、未組織の労働者、それに老人、高校生まで実に千差万別の人々が国会を幾重にも取り囲んだ。「アンポハンタイ」「岸を倒せ」という…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  3. 3

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  4. 4

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  5. 5

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  6. 6

    #MeTooに参加 インリンさんがセクシーを発信し続ける理由

  7. 7

    “ヌーブラ、ヤッホー!”元「モエヤン」久保いろはさんは今

  8. 8

    東出昌大“針のムシロ”長期化 良きパパのイメージが致命傷

  9. 9

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

  10. 10

    夫・東出昌大の不倫をバネに?三児の母・杏の気になる今後

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る