あのQEも…新型コロナ禍で横浜港を襲う“寄港中止ドミノ”

公開日: 更新日:

 豪華客船が訪れる観光港を目指した横浜市だが、むしろ新型肺炎の震源地となるなど手痛い目にあっている。

 昨年12月23日、横浜市は「2019年の横浜港への客船寄港は数は188回と過去最高となりました!」(!は原文のママ)と記者発表。

 というのも、2019年4月には大黒ふ頭客船ターミナル、10月には新港ふ頭客船ターミナル「横浜ハンマーヘッド」が共用開始になった港に7隻の同時着岸が可能になり、今年の5月6日にはなんと6隻ものクルーズ船が同時着岸する運びになった。パシフィック・ビーナス、日本丸、クイーン・エリザベス(QE)、コスタ・ネオロマンチカ、コスタ・セレーナ、MSC・ベリッシマだ。

 しかしながら、新型肺炎騒動でもっとも著名なクルーズ船の一つであるQEが横浜を含むアジアへの寄港を中止した。このままでは寄港中止のドミノが起きかねない状況になる。他船については、横浜市港湾客船事業推進課も確認を急いでいるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    Cocomiデビューも炎上 キムタク参画ではじく静香の皮算用

  4. 4

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  5. 5

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  6. 6

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  7. 7

    コロナ対策批判され「辞めたるわ」大阪・守口市長が暴言

  8. 8

    阪神藤浪コロナ感染で球界激震…4.24開幕ありきの自業自得

  9. 9

    「官邸官僚」の嘘と罪 ゲーム感覚で権力振るうモンスター

  10. 10

    徳井と田村の復帰成功の裏でツキにも見放された宮迫の悲哀

もっと見る