小林節
著者のコラム一覧
小林節慶応大名誉教授

1949年生まれ。都立新宿高を経て慶大法学部卒。法学博士、弁護士。米ハーバード大法科大学院のロ客員研究員などを経て慶大教授。現在は名誉教授。「朝まで生テレビ!」などに出演。憲法、英米法の論客として知られる。14年の安保関連法制の国会審議の際、衆院憲法調査査会で「集団的自衛権の行使は違憲」と発言し、その後の国民的な反対運動の象徴的存在となる。「白熱講義! 日本国憲法改正」など著書多数。新著は竹田恒泰氏との共著「憲法の真髄」(ベスト新著)

初動対応の失敗が招いたコロナ禍はもはや国家賠償の段階

公開日: 更新日:

 新型コロナウイルス禍の結果、多数の国民が文字通り「人生を狂わされる」ほどの損害を被っている。治療の効なく死んでしまった者とその家族、治癒されても罹患により自由、名誉、財産を失った者とその家族、さまざまな公的規制により収入、職業を失った者とその家族、学校教育の中断・混乱により学習の機会を毀損された若者たち等、枚挙にいとまがない。

 私は、既に本欄で、憲法29条3項を引いて、公衆衛生を確保して各人の生命とこの社会を維持する……という最高度の「公共の福祉」のための自由の制約に服した国民には公的な「補償」を受ける権利があり、国にはその補償を行う義務がある、と指摘しておいた。

 しかし、他の先進諸国と比較して、わが国の補償は明らかに遅すぎる。いつまでも「やる、やる」と議論ばかりしているが、その補償が具体的に私たちの目の前に出て来ていない。まるで「においばかりして出て来ないカレーライス」のようだ、とあるご老人が言っていた。あの鳴り物入りのアベノマスクも一律10万円の申請書も、横浜に住んでいる私の自宅にすら届いていない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原因不明…三浦半島の“謎の異臭”は首都直下地震の前兆か

  2. 2

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  3. 3

    東京湾では48時間に地震7回も…アプリで助かる率を上げる

  4. 4

    NHK「あさイチ」での近江友里恵は有働由美子を超えた?

  5. 5

    丹羽宇一郎氏「コロナ後はさらなる危機が待ち構えている」

  6. 6

    東京湾で続く不気味な揺れ…コロナ禍に首都直下地震の足音

  7. 7

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  8. 8

    麻生「民度発言」海外も報道 指摘された日本の高い死亡率

  9. 9

    自粛解除で昭恵夫人ウズウズ 居酒屋UZU再開に官邸ヒヤヒヤ

  10. 10

    3000億円「Go To 利権」にちらつくパソナと竹中平蔵氏の影

もっと見る