室井佑月
著者のコラム一覧
室井佑月作家

1970年、青森県生まれ。銀座ホステス、モデル、レースクイーンなどを経て97年に作家デビュー。TBS系「ひるおび!」木曜レギュラーほか各局の情報番組に出演中。著書に「ママの神様」(講談社)、「ラブ ファイアー」(集英社文庫)など。

選挙の時には「清き一票を」とかさんざんいってたじゃんか

公開日: 更新日:

「1人、また1人と辞めていけば、県政界はぐちゃぐちゃになる」(自民党広島県連幹部)

 これは7月1日の中国新聞デジタルに載っていた、自民党広島県連幹部の声。

 なんのことかというと、河井克行容疑者と妻案里容疑者から現金を受け取った地元の首長や議員が、今後どうするのかという話で。河井夫婦が起訴されれば裁判で名前が出るし、彼らの進退は、自らの刑事処分もかかっているんだとか。

 はぁ、そうですか。そんなことは関係なく、あたしは潔く辞めるべきだと思うけど。どうぞ、お辞めになって、自分の裁判に集中してくださいな。

 てか、いらないでしょう。選挙で買収される議員なんて。県政界はぐちゃぐちゃになる? ぐちゃぐちゃになってもいいから、汚れたのは新しいのに交換したほうがいい。選挙は神聖なものだと思ってた。あんたらだって選挙の時に、「清き一票を」とかさんざんいってたじゃんか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  4. 4

    昭恵夫人 居酒屋は小池号令厳守も“闇紳士”逮捕で疑惑再燃

  5. 5

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  6. 6

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  7. 7

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  8. 8

    吉村知事の危うい“人体実験” うがい薬騒動に専門家も警鐘

  9. 9

    海老蔵「ひどくないですか」コロナ補償直訴で松竹と確執か

  10. 10

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

もっと見る