室井佑月
著者のコラム一覧
室井佑月作家

1970年、青森県生まれ。銀座ホステス、モデル、レースクイーンなどを経て97年に作家デビュー。TBS系「ひるおび!」木曜レギュラーほか各局の情報番組に出演中。著書に「ママの神様」(講談社)、「ラブ ファイアー」(集英社文庫)など。

選挙の時には「清き一票を」とかさんざんいってたじゃんか

公開日: 更新日:

「1人、また1人と辞めていけば、県政界はぐちゃぐちゃになる」(自民党広島県連幹部)

 これは7月1日の中国新聞デジタルに載っていた、自民党広島県連幹部の声。

 なんのことかというと、河井克行容疑者と妻案里容疑者から現金を受け取った地元の首長や議員が、今後どうするのかという話で。河井夫婦が起訴されれば裁判で名前が出るし、彼らの進退は、自らの刑事処分もかかっているんだとか。

 はぁ、そうですか。そんなことは関係なく、あたしは潔く辞めるべきだと思うけど。どうぞ、お辞めになって、自分の裁判に集中してくださいな。

 てか、いらないでしょう。選挙で買収される議員なんて。県政界はぐちゃぐちゃになる? ぐちゃぐちゃになってもいいから、汚れたのは新しいのに交換したほうがいい。選挙は神聖なものだと思ってた。あんたらだって選挙の時に、「清き一票を」とかさんざんいってたじゃんか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    坂上忍では微妙…関西人が納得する上沼恵美子“後釜”の名前

  4. 4

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  5. 5

    分科会に浮上「Go To トラベル」前倒し実施に重大瑕疵疑惑

  6. 6

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  7. 7

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  8. 8

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  9. 9

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  10. 10

    東京都コロナ療養者が急増 最も深刻「ステージ4」に突入

もっと見る