室井佑月
著者のコラム一覧
室井佑月作家

1970年、青森県生まれ。銀座ホステス、モデル、レースクイーンなどを経て97年に作家デビュー。TBS系「ひるおび!」木曜レギュラーほか各局の情報番組に出演中。著書に「ママの神様」(講談社)、「ラブ ファイアー」(集英社文庫)など。

産経新聞の阿比留氏こそ「病んでいる」のではないか?

公開日: 更新日:

「アベガーの人の一日。朝、悪夢を見た、安倍が悪い。二日酔いか頭が重い、安倍のせいだ。(中略)仕事をしながら上手くいかないことがあると安倍首相の顔が浮かぶ。(中略)上司に叱られ、安倍のせいで集中力が落ちたと逆恨みをする。雨に降られ、安倍の呪いだと感じる。(中略)帰宅して配偶者と安倍首相の悪口を言い合う。ストレスで気が高ぶって眠れず、安倍はどこまで迷惑をかける気だと怒る。で、夢の中で安倍首相を批判して疲れて目覚める。病んでいる」(阿比留瑠比・産経新聞社政治部編集委員)

 これは阿比留氏の6月21日のフェイスブックでの発言。

 ちょっと長いけど(少し切ったがそれでも長いか?)、ぜひみなさんには全文をお読みになることをお勧めします。面白いから。

 この人こそ、思い切り病んでいるのではないか? 産経新聞よ、この人の行動や発言には、産経新聞と冠がついてしまうけど、大丈夫か?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  4. 4

    昭恵夫人 居酒屋は小池号令厳守も“闇紳士”逮捕で疑惑再燃

  5. 5

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  6. 6

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  7. 7

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  8. 8

    吉村知事の危うい“人体実験” うがい薬騒動に専門家も警鐘

  9. 9

    海老蔵「ひどくないですか」コロナ補償直訴で松竹と確執か

  10. 10

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

もっと見る