河井夫妻の買収事件 選挙運動を仕切ったのは安倍首相か?

公開日: 更新日:

「これでは黒川さんが辞職したところで検察の信頼は取り戻せないのではないか」

 昨年7月の参院選広島選挙区を巡り、前法相の衆院議員、河井克行被告(57)と妻で参院議員の案里被告(46)が公選法違反で逮捕、起訴された買収事件で、捜査に関わってきた現場の捜査関係者から、こんな声が漏れているという。このままだと、2人の起訴で事件はオシマイ。カネを受け取っていた広島県議や市議どころか、検察当局が“狙っていた”とされる安倍首相の近辺にも手が届かないからだ。

 地元記者がこう言う。

「県議や市議は、克行被告から『無理やりカネを渡されて断れなかった』などと弁明していますが、彼らの多くは当初、『もらっていない』とウソをついていたのです。ある県議は、現金授受について尋ねた記者をにらみつけ、『失礼なことを言うな。証拠を持ってこい!』とすごんでいた。それが一転して『受け取りました』ですからね。お咎めなし、なんて馬鹿な話はありませんよ。捜査関係者は公選法違反で被買収側も全員立件しようと考えていたようですが、上の判断で河井夫妻に絞ったとみられています。前法相の起訴ですから、万が一の間違いも許されず、慎重になったのでしょう。しかし、これでは今後、公選法違反の捜査でカネを受け取った人がいても『無理やり』と言えば許されしまう前例を作ることになる。現場では『赤信号みんなで渡ればなんとかだ』なんて呆れる声が出ています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  4. 4

    坂上忍では微妙…関西人が納得する上沼恵美子“後釜”の名前

  5. 5

    分科会に浮上「Go To トラベル」前倒し実施に重大瑕疵疑惑

  6. 6

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  7. 7

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  8. 8

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  9. 9

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  10. 10

    阪神藤浪を殺す梅野の怯懦 巨人相手に5回まで1失点も3連敗

もっと見る