室井佑月
著者のコラム一覧
室井佑月作家

1970年、青森県生まれ。銀座ホステス、モデル、レースクイーンなどを経て97年に作家デビュー。TBS系「ひるおび!」木曜レギュラーほか各局の情報番組に出演中。著書に「ママの神様」(講談社)、「ラブ ファイアー」(集英社文庫)など。

ソーリの追及、辻元さんがしつこくしつこく聞いてようやく

公開日: 更新日:

「やっぱりソーリの追及は辻元さんにかぎるわ。」(前川喜平・元文部科学事務次官)

 これは5日のTwitterでの前川さんの発言。辻元さんとは、4日の衆院予算委員会で質問に立った、立憲民主党辻元清美さんのことね。

 あたしも家事をしながらダラダラ国会中継を観ていて、そう思ったわ。

 今国会、菅首相は日本学術会議から推薦された新会員候補6人を任命しなかった問題で、どうしてそうしたのかきちんとした説明ができず苦しい立場に立たされている。

 でもさ、これも安倍元首相から引き継いだんかね、質問をのら~りくら~りとかわすのよ。時間つぶしで、答えになっていない答弁までして。イライラするわ!

 菅首相は9月24日に内閣府が99人を任命する「起案」をしたと答え、6人を除外したことは「24日に起案が上がってくる前に聞いた」とのこと。でもって、説明を受けた相手には「たぶん杉田副長官だと思う」だって。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  3. 3

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  4. 4

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  5. 5

    世界にたった100台…3.5億円“幻の名車”が一瞬にしてクズに

  6. 6

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  7. 7

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  8. 8

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

  9. 9

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  10. 10

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

もっと見る