保阪正康
著者のコラム一覧
保阪正康作家

1939年、北海道生まれ。同志社大卒。編集者を経て「死なう団事件」でデビュー。「昭和天皇 」など著書多数。2004年、一連の昭和史研究で菊池寛賞。

「溥儀は皇帝として生まれてきた人だった」

公開日: 更新日:
現在の中華人民共和国吉林省長春市。1932年の「満州国建国」にともない、その国都とされ、新京特別市と改称、1945年の満州国崩壊までこの名称で呼ばれた(1936年、撮影月日不明)/(C)共同通信社

 満州国皇帝溥儀に会った人、あるいは歴史的な関係で同じ場にいた人などを含めて、「あなたは溥儀を見たことがありますか」との書を書こうと思った。1990年代である。結局書かなかったのだが、その時に日本人、中国人、ロシア人など何人かに会った。その時の取材手帳を元にさらに話を進めていく。…

この記事は会員限定です。
日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    コロナ患者退院後12.3%死亡の衝撃 回復しても3割が再入院

  4. 4

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  5. 5

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  6. 6

    自宅コロナ死急増「病床不足」の裏に退院できる患者の滞留

  7. 7

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  8. 8

    2020日本S痛恨の“配球ミス” 菅野&大城と巨人ベンチに疑問

  9. 9

    小池都知事が都ファ“子分”の千代田区長選に出しゃばる理由

  10. 10

    東京五輪いまだ「強行開催」は森・バッハ両会長と周辺だけ

もっと見る