旭川医大学長の解任請求へ 全教職員の半数近い署名集まる

公開日: 更新日:

 新型コロナのクラスターが発生した北海道旭川市内の民間病院に対して「コロナを完全になくすためには、あの病院がなくなるしかない」と暴言を吐いたり、滝川市の市立病院から高額報酬を受け取るなどしていた旭川医科大学の吉田晃敏学長について、「大学の価値を低下させた」として解任を求めて署名活動をしている同大教授らの有志団体「旭川医科大学の正常化を求める会」は24日にも、学長選考会議に対して解任請求を行う。

 同会によると、約2000人の全教職員の半数近い921人の署名のほか、専任教員や事務部門幹部など学長人事の「意向聴取対象者」約400人の過半数の207人の署名が集まったという。

 吉田学長は「これからも学長業務にまい進し、地域住民や教職員に理解いただけるよう努める」とコメントしており、学長選考会議の対応が注目される。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  4. 4

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  5. 5

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  6. 6

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  7. 7

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  8. 8

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  9. 9

    特捜9vs捜査一課長 “お決まり”でも高視聴率の2作品を解剖

  10. 10

    都が見回り隊員に大盤振る舞い 日給1万2200円+αは妥当?

もっと見る