福田元首相秘書が懸念「国会でモラルハザード起きている」

公開日: 更新日:

 意図的な虚偽答弁が確認された場合は何らかの罰則が必要なのではないか。このままだと国権の最高機関である国会は「嘘八百」がまかり通ることになるだろう。

【写真】この記事の関連写真を見る(24枚)

 菅義偉首相の長男が勤める東北新社接待問題をめぐり、同社以外からの違法接待は「受けていない」と国会で強弁していたものの、わずか2日でウソがばれた総務省の谷脇康彦総務審議官のことだ。

 谷脇審議官は1日の衆院予算委で、野党議員から、東北新社以外の衛星放送事業者や通信会社からの接待の有無を問われた際、「業界団体の立食パーティーなどの場で懇談、あるいは勉強会でご一緒するケースはあった」などと説明し、個別接待については全否定していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    有吉弘行は夏目三久と出会い10年“徹底秘密主義”の仰天逸話

  4. 4

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  5. 5

    桐谷美玲ら発掘 名物女社長のパワハラ&セクハラ疑惑と手口

  6. 6

    小池知事また圧力か?子飼いの都議が“竹山番組”ドタキャン

  7. 7

    有吉弘行&夏目三久が結婚 5年前の“幻のスクープ”報道とは

  8. 8

    小室圭さん「国民感情にゼロ回答」でご結婚は前進するのか

  9. 9

    加藤浩次の首筋が寒すぎる…吉本は「ラヴィット!」を支援

  10. 10

    東京まん延防止適用 3度目宣言のカウントダウンが始まった

もっと見る