内閣支持率急落は「自民党終焉の始まり」元首相秘書が指摘

公開日: 更新日:

 JNNが4月10日に発表した世論調査で、菅内閣の支持率が先月調査と比べて4.4ポイント下落し、政権発足後最低の40.0%となったことが明らかになった。

 日本学術会議会員の任命拒否問題や菅首相の長男をめぐる総務省の接待問題など、菅内閣の支持率が低迷している要因はいくつも考えられるが、やはり最大の問題は新型コロナウイルス対策の遅れだろう。

【写真】この記事の関連写真を見る(15枚)

 このため、菅首相は支持率の挽回策として「ワクチン接種」を声高に叫んでいるわけだが、いまだに接種率向上の道筋は見えない。国民からは「自分たちは一体、いつになったらワクチンを接種できるのか」といら立ちの声が上がっているが、世論以上に菅内閣に対して不満を募らせているのが自民党の国会議員らだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池知事「過度の疲労」でダウンの波紋…都ファは右往左往

  2. 2

    「国政進出」にらみお膝元東京10区死守も“最側近”に黄信号

  3. 3

    豪でクラスターが!カメラが捉えたインド株“すれ違い感染”

  4. 4

    崖っぷち白鵬…進退懸かる7月場所“鬼門”は三役より平幕3人

  5. 5

    「ドラゴン桜」生徒役で一番の成長株は鈴鹿央士と…誰だ?

  6. 6

    植山直人氏「政府は命をなんだと思っているのでしょうか」

  7. 7

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  8. 8

    ファイザー製&モデルナ製のワクチン効果は1年続くのか?

  9. 9

    映画「宮本から君へ」裁判で全面勝訴! 忖度なき映画プロデューサーの“アンチ魂”

  10. 10

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

もっと見る