「2億円を無担保で…」借金を無心した新しいお手伝いさん

公開日:

 愛犬のイブが亡くなったあと、新しくお手伝いさんになるという人がやって来た。私は社長と一緒に、番頭のマコやんが運転するベンツで南紀白浜空港まで迎えに行った。5月10日のことだ。

「社長さん、お久しぶりです」

「ああ……」

 出口から出てきて頭を下げたのは、ドラえもんのような中年女性だった。それまで、空港のグラウンドホステスと呼ばれる女性職員と楽しそうに話をしていた社長の表情から明るさが消えた。分かりやすい性格である。

「私、バツイチで、20歳を越える息子がいるんです。社長さんのところに来られてうれしいです」

 精いっぱい、こびを売るようなしゃべり方をするが、社長の反応はなかった。

 翌日、マコやんから電話が入った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  3. 3

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  4. 4

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  5. 5

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  6. 6

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

  7. 7

    虎ファンのヤジもどこ吹く風 阪神ドラ1近本の意外な評判

  8. 8

    石原さとみ結婚or破局? 報道が“真っ二つ”に分かれるワケ

  9. 9

    専門家が解説 空き家処分で悩んだら「3つの選択肢」から

  10. 10

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

もっと見る