• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「2億円を無担保で…」借金を無心した新しいお手伝いさん

 愛犬のイブが亡くなったあと、新しくお手伝いさんになるという人がやって来た。私は社長と一緒に、番頭のマコやんが運転するベンツで南紀白浜空港まで迎えに行った。5月10日のことだ。

「社長さん、お久しぶりです」

「ああ……」

 出口から出てきて頭を下げたのは、ドラえもんのような中年女性だった。それまで、空港のグラウンドホステスと呼ばれる女性職員と楽しそうに話をしていた社長の表情から明るさが消えた。分かりやすい性格である。

「私、バツイチで、20歳を越える息子がいるんです。社長さんのところに来られてうれしいです」

 精いっぱい、こびを売るようなしゃべり方をするが、社長の反応はなかった。

 翌日、マコやんから電話が入った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  2. 2

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  3. 3

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    進次郎氏当日まで完黙…裏に父・小泉元首相“ゴルフ密約説”

  6. 6

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  7. 7

    中国人女優・范冰冰さん 消息不明の背景に脱税と暴露合戦

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  10. 10

    年内にもソウル訪問 金正恩が納得する“警護”間に合うのか

もっと見る