桐光・松井裕樹を指名するのは3球団!? 某球団スカウトが指摘

公開日: 更新日:

「せいぜい3球団くらいだよ」

 こう話すのは某球団のスカウト。24日のドラフト会議で、桐光学園の松井裕樹(18)を指名するのは、その程度と言うのだ。

 昨年夏の甲子園で22奪三振の大会記録を打ち立てた松井は、今年のドラフトの目玉。しかし、冒頭のスカウトはこう言う。

「これまでの最多重複指名は89年の野茂の8球団。09年も西武の菊池に6球団が競合した。それはドラフトの時点で、12球団のスカウトほぼ全てが2人を即戦力と認め、押しも押されもせぬスター性も兼ね備えていたから。松井は素材はいいが、即戦力として活躍できるかは球団によって意見が分かれる。今年の甲子園に出てないから、お茶の間での知名度もイマイチ。となれば、降りる球団も出てくるよ」

 他球団の動向を調べるのもスカウトの仕事。事前に「ウチを含めて3球団が指名しそうだ」と分かれば、クジでも3分の1で当てられる。これが6球団となれば、確率は約17%だ。指名した場合のリスクが大きくなればなるほど、撤退する球団も増える。あの松坂(現メッツ)でも、98年のドラフトでは3球団しか1位指名しなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無名俳優と電撃格差婚で 川栄李奈にのしかかる“ミルク代”

  2. 2

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

  3. 3

    防衛大学校が受験者2250人も激減…蔓延する“いじめ”の実態

  4. 4

    川栄李奈が32歳の俳優と“授かり婚”で…今後の女優人生は?

  5. 5

    習近平に隠し玉 レアアース禁輸で日本ハイテク産業大打撃

  6. 6

    立憲が参院東京選挙区で大バクチ 強気“2人擁立”は吉か凶か

  7. 7

    片山杜秀氏 日本は“束ねられる”ファシズム化が進んでいる

  8. 8

    安倍政権が企む“年金改悪”のゴールは「80歳」での支給開始

  9. 9

    米国のファーウェイ潰し、かつて日本も同じ目に遭った

  10. 10

    安倍首相「未来投資会議」が描く 70歳就労は“姥捨て制度”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る