横浜高・小倉コーチが教える「打率4割を打つコツ」

公開日: 更新日:

 もう一つ重要なのは右足の親指。外角や特に変化球を打つ時に強く意識する。直球待ちで変化球が来た時、右足の親指に力を入れてグッとこらえる。これができれば、上体は泳いでも簡単に空振りせず、最後にもう一度抵抗ができる。このように、外角と変化球の打ち方には共通点が多い。

 例えばフリー打撃や練習試合でもこれを強く意識する。待っていた球種が来ればいいが、直球待ちで変化球が来たり、2ストライクに追い込まれた時は「足首」と「親指」を常に意識して練習していれば、打撃は良くなるはず。しかし、何度言っても横高の選手たちは意識してくれない。

<「線」をイメージ>

 難しいのは「内角」。外角とは逆に右足首をポーンと回してやる。内角にヤマを張るなら、足の構え方を工夫する方法もある。右足のかかとを3、4センチほど捕手寄りにずらしてみるのだ。つまり、内股のような感じで待つとインコースに対応しやすくなる。ただ、厳しいコースの140キロ台の速球をさばくのは高校生には容易ではない。外角の甘い球を確実に打てるように練習した方が、打率は上がる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池都知事イライラMAX!報道に「PV中止」抜かれブチ切れ

  2. 2

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  3. 3

    秋篠宮家は小室圭さんを身辺調査する発想がなかったのかも

  4. 4

    小池知事ドリフ固執 そして都庁は「8時だョ!全員残業中」

  5. 5

    草彅剛は映画に続きドラマでも受賞…それでも民放起用せず

  6. 6

    樋口英明氏「耐震性に着目すれば全ての原発を止められる」

  7. 7

    小池知事ドヤ顔「8時だョ!」ドリフこじつけ発言で大炎上

  8. 8

    西島秀俊がキムタクを超え!シェフを演じさせたらピカイチ

  9. 9

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  10. 10

    社会学者・鈴木涼美氏が考察する「菅義偉おじさん」の正体

もっと見る