横浜高・小倉コーチが教える「打率4割を打つコツ」

公開日: 更新日:

 秋の関東大会が終わり、冬になる前に打撃を強化している。前回、ポイントを近くして引き付けて打つプロ野球の理論は、非力な高校生には向かないと述べた。

<かかと、足首、親指>

 プロは3割、高校は4割打てば好打者とされる。それだけバッティングは難しい。とはいえ、いくつか「コツ」はある。

 まずは投球の約4分の3を占める「外角」の打ち方。右打者なら、振る時に右ヒジを右側の腹に一度ぶつけてから外へ出す。大事なのは軸足となる右足のかかと。打つ瞬間、かかとはただ上げるだけにする。ベタ足で足首は回さないのが重要。やってみれば分かる。普通に振れば足首は回ってしまう。アウトコースの球に足首が回ればドアスイングになって力が伝わらない。グッと我慢することだ。これは「変化球」の打ち方にも対応できる。スライダーやカーブなどの横系の変化球なら、右足首さえ回さなければ、直球を待っていて多少崩されても何とかついていける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  2. 2

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  3. 3

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  4. 4

    黒川氏辞任は身内の司法取引 東京高検“ルール”なら3アウト

  5. 5

    木村花さん死去の悲劇…視聴者はフィクションへの認識欠如

  6. 6

    安倍首相が承認に前のめり “アベ友薬”アビガンに黄信号

  7. 7

    同志社女子大・影山貴彦氏 エンタメは不要不急でも不可欠

  8. 8

    見限られた日本のカジノ構想 世界一の業者が豹変した背景

  9. 9

    守護神辞任で…官邸が次の検察トップに据えたい“ミニ黒川”

  10. 10

    親から勘当状態…近江アナ“15歳差婚”で生じたわだかまり

もっと見る