横浜高・小倉コーチが教える「打率4割を打つコツ」

公開日:  更新日:

 秋の関東大会が終わり、冬になる前に打撃を強化している。前回、ポイントを近くして引き付けて打つプロ野球の理論は、非力な高校生には向かないと述べた。

<かかと、足首、親指>

 プロは3割、高校は4割打てば好打者とされる。それだけバッティングは難しい。とはいえ、いくつか「コツ」はある。

 まずは投球の約4分の3を占める「外角」の打ち方。右打者なら、振る時に右ヒジを右側の腹に一度ぶつけてから外へ出す。大事なのは軸足となる右足のかかと。打つ瞬間、かかとはただ上げるだけにする。ベタ足で足首は回さないのが重要。やってみれば分かる。普通に振れば足首は回ってしまう。アウトコースの球に足首が回ればドアスイングになって力が伝わらない。グッと我慢することだ。これは「変化球」の打ち方にも対応できる。スライダーやカーブなどの横系の変化球なら、右足首さえ回さなければ、直球を待っていて多少崩されても何とかついていける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る