腹立たしい そして、虚しい

公開日:  更新日:

■犠飛の打ち方

 3年間の高校野球は時間との闘いでもある。1年夏からレギュラーを任せている高浜祐仁(2年)、浅間大基(2年)、川口凌(2年)の3選手は、ここまで150試合以上、他のレギュラーも130試合以上の経験を積んでいる。これほど経験豊富なチームは横高の歴史でも、他校を見渡してもあまりない。にもかかわらず、臨機応変に状況判断ができるようにならない。

 今の2年生は入学してから20カ月が経過。今できないものは残り7カ月でできるようになるのか。答えはNOだ。例えば打席での意識。無死か1死三塁で、打者は最低でも犠飛を打つことを考えるだろう。
(1)低めはストライクゾーンをボール1つ分上げて、ボールの下にバットを入れる感覚で振る。
(2)高めはボール1つ分下げて、アッパースイングにならないよう、思っている以上に上から叩く。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る