• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

腹立たしい そして、虚しい

■犠飛の打ち方

 3年間の高校野球は時間との闘いでもある。1年夏からレギュラーを任せている高浜祐仁(2年)、浅間大基(2年)、川口凌(2年)の3選手は、ここまで150試合以上、他のレギュラーも130試合以上の経験を積んでいる。これほど経験豊富なチームは横高の歴史でも、他校を見渡してもあまりない。にもかかわらず、臨機応変に状況判断ができるようにならない。

 今の2年生は入学してから20カ月が経過。今できないものは残り7カ月でできるようになるのか。答えはNOだ。例えば打席での意識。無死か1死三塁で、打者は最低でも犠飛を打つことを考えるだろう。
(1)低めはストライクゾーンをボール1つ分上げて、ボールの下にバットを入れる感覚で振る。
(2)高めはボール1つ分下げて、アッパースイングにならないよう、思っている以上に上から叩く。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

  8. 8

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

もっと見る