• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

高校生には向かない「ポイント近く」のプロ理論

【横浜高校野球部コーチ・小倉清一郎 「続・鬼の遺言」】

 神奈川1位で出場した秋季関東大会準々決勝で横浜は佐野日大に3―5で敗れ、来春のセンバツ出場は微妙となった。冬は打撃を強化しないといけないと痛感した。

 ヤンキースのイチローの影響で、「作った左打者」が増えたことは前回述べた。これらの打者には特徴がある。利き腕は引っ張る方の右。ヤンキースなどで活躍した松井秀喜ら一部を除き、ポイントが前になる傾向がある。打球は利き腕で押し込んだ方が飛ぶ。総じて長距離打者が少ない。

 プロ野球の理論、打撃の理想でいえば、ギリギリまで球を引き付けて軸回転で打てば、打球は速くなり、遠くへも飛ぶ。しかし、このプロ理論が高校野球に浸透し過ぎて「引き付けて打て」と誤解して教えている指導者が実に多い。また、新聞などで読んで知識だけは一人前の選手もしかり。はっきり言うと、これは間違い。高校生のポイントは、ある程度前にするべきなのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  5. 5

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  6. 6

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  7. 7

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  8. 8

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

もっと見る