高校生には向かない「ポイント近く」のプロ理論

公開日: 更新日:

【横浜高校野球部コーチ・小倉清一郎 「続・鬼の遺言」】

 神奈川1位で出場した秋季関東大会準々決勝で横浜は佐野日大に3―5で敗れ、来春のセンバツ出場は微妙となった。冬は打撃を強化しないといけないと痛感した。

 ヤンキースのイチローの影響で、「作った左打者」が増えたことは前回述べた。これらの打者には特徴がある。利き腕は引っ張る方の右。ヤンキースなどで活躍した松井秀喜ら一部を除き、ポイントが前になる傾向がある。打球は利き腕で押し込んだ方が飛ぶ。総じて長距離打者が少ない。

 プロ野球の理論、打撃の理想でいえば、ギリギリまで球を引き付けて軸回転で打てば、打球は速くなり、遠くへも飛ぶ。しかし、このプロ理論が高校野球に浸透し過ぎて「引き付けて打て」と誤解して教えている指導者が実に多い。また、新聞などで読んで知識だけは一人前の選手もしかり。はっきり言うと、これは間違い。高校生のポイントは、ある程度前にするべきなのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出演番組が不発…東山紀之が背負う“ジャニーズ幹部”の重圧

  2. 2

    激化する自民党「内部抗争」田畑“ゲス”議員の離党で火に油

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  5. 5

    ジャニーズ事務所<2>アイドルも経営陣も世代交代の転換期

  6. 6

    都Fが公明を突然裏切り…都議会与党ついに「分裂」の裏側

  7. 7

    栗山監督が上機嫌で 日ハム輝星「開幕3戦目先発」に現実味

  8. 8

    賃金偽装 厚労省キーマン「官邸の圧力」否定は矛盾だらけ

  9. 9

    ジャニーズ事務所<1>スキを見せない「帝国」に生じた軋み

  10. 10

    「きっかけは私」島袋寛子が匂わせたSPEED解散“複雑理由”

もっと見る