“レジェンド”葛西紀明 W杯6位でしぼむ五輪メダルの期待

公開日:  更新日:

 膨らんだ期待が一気にしぼんだ。
 スキージャンプのW杯男子個人第18戦で葛西紀明(41)は、日本勢最高位も6位に終わった。

 早朝からの降雪や不安定な風が選手を苦しめる中、前日3位で表彰台に上がった葛西の1本目は向かい風が急にやみ123.5メートルの14位と出遅れた。

 2本目は133メートルと飛距離を伸ばしたものの入賞がやっと。五輪のメダル候補たちが数多く欠場した地元大会は優勝のチャンスが広がったが、「1回目で風が外れてがっかりした。(札幌に)苦手意識はないのに、W杯に限って条件が悪い」と漏らした。

 厳しい条件下でも実力者は違う。この日表彰台を独占したのは、五輪代表フルメンバーのスロベニア勢。優勝は前日2位のダミャン(30)。前日に今季2勝目を挙げたプレブツ(21)が2位に入った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る