日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

41歳のジャンプ葛西紀明 「ソチでもメダル候補」は本当か?

 五輪直前の快挙で、一気にメダル候補に浮上したのが、ノルディックスキー男子ジャンプの葛西紀明。41歳7カ月でW杯オーストリア大会(フライング)に優勝。14日に凱旋帰国。同日、日本選手団の主将に決まった。

 10年ぶりとなるW杯優勝により、最年長優勝記録を更新した葛西は、「僕にとっても歴史的な瞬間だった。本当にうれしかった」と笑顔で語った。

 五輪には過去6回も出場しているものの、意外にもメダルはリレハンメル大会の団体銀だけだ。先日の表彰台では熱いものがこみ上げてきたそうだが「泣くのは五輪まで取っておこうと思ってこらえた。毎回(五輪に)選ばれるために目指している金メダルを狙う」と、きっぱりと語った。

 男子ジャンプチームの横川朝治ヘッドコーチはベテランのジャンプをこう解説する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事