41歳のジャンプ葛西紀明 「ソチでもメダル候補」は本当か?

公開日:  更新日:

 五輪直前の快挙で、一気にメダル候補に浮上したのが、ノルディックスキー男子ジャンプの葛西紀明。41歳7カ月でW杯オーストリア大会(フライング)に優勝。14日に凱旋帰国。同日、日本選手団の主将に決まった。

 10年ぶりとなるW杯優勝により、最年長優勝記録を更新した葛西は、「僕にとっても歴史的な瞬間だった。本当にうれしかった」と笑顔で語った。

 五輪には過去6回も出場しているものの、意外にもメダルはリレハンメル大会の団体銀だけだ。先日の表彰台では熱いものがこみ上げてきたそうだが「泣くのは五輪まで取っておこうと思ってこらえた。毎回(五輪に)選ばれるために目指している金メダルを狙う」と、きっぱりと語った。

 男子ジャンプチームの横川朝治ヘッドコーチはベテランのジャンプをこう解説する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る