日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ノルディック・ジャンプ「日の丸飛行隊」を悩ます3ミリの“誤差”

 日の丸飛行隊は視界不良だ。

 17日、ノルディックスキー・ジャンプの男子日本代表がドイツ、フィンランドで行われたW杯序盤戦から帰国。ドイツ大会で葛西紀明がW杯史上最年長(41歳6カ月)で表彰台に立つなど、伊東大貴らとともに好成績を残した。

 欧州で「レジェンド(伝説)」と持ち上げられる葛西は、「ミスをしながらでも納得のいくジャンプができた。完璧に飛んだら、どんな結果になるのか」と1月のジャンプ週間、2月のソチ五輪への手応えを口にした。

 高梨沙羅の活躍もあって、ジャンプはソチ五輪から採用される女子に注目が集まっているとはいえ、葛西、竹内択、伊東の3人もメダル圏内。今後は北海道や長野などで年明けのジャンプ週間に備えるが、男子ジャンプ陣の不安はコンディションだけではない。ハード面で欠陥が生じているというのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事