ノルディック・ジャンプ「日の丸飛行隊」を悩ます3ミリの“誤差”

公開日: 更新日:

 日の丸飛行隊は視界不良だ。

 17日、ノルディックスキー・ジャンプの男子日本代表がドイツ、フィンランドで行われたW杯序盤戦から帰国。ドイツ大会で葛西紀明がW杯史上最年長(41歳6カ月)で表彰台に立つなど、伊東大貴らとともに好成績を残した。

 欧州で「レジェンド(伝説)」と持ち上げられる葛西は、「ミスをしながらでも納得のいくジャンプができた。完璧に飛んだら、どんな結果になるのか」と1月のジャンプ週間、2月のソチ五輪への手応えを口にした。

 高梨沙羅の活躍もあって、ジャンプはソチ五輪から採用される女子に注目が集まっているとはいえ、葛西、竹内択、伊東の3人もメダル圏内。今後は北海道や長野などで年明けのジャンプ週間に備えるが、男子ジャンプ陣の不安はコンディションだけではない。ハード面で欠陥が生じているというのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    自閉症児が飛行機で一人旅…隣席の男性の親切に全米が共感

  2. 2

    脳腫瘍の男児への贈り物と知らず 盗んだ女2人組の涙の謝罪

  3. 3

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  4. 4

    96年11.5差逆転された広島OB 巨人の独走止めるヒント伝授

  5. 5

    東北は依然苦戦…安倍首相「応援演説」激戦区は13勝14敗も

  6. 6

    高年俸の根尾らに食事驕る 広島小園はハングリーが原動力

  7. 7

    チーム内から不満噴出…日ハム栗山監督「長期政権」の弊害

  8. 8

    デラロサも活躍未知数…G“9助っ人に12億円”に他球団が溜息

  9. 9

    東京五輪陸上「日本は世界の笑いモノに」元陸連幹部が警鐘

  10. 10

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る