評論家、OBも太鼓判! バレンティン「今季は70発」の根拠

公開日:  更新日:

 28日、ヤクルトのウラディミール・バレンティン(29)が来日。カルラ夫人への暴行、監禁容疑で逮捕、保釈されたばかりの“お騒がせ助っ人”は無事、キャンプ初日からチームに合流することになった。この日、成田空港で「戻ってこられてうれしい」と笑顔だったバレは29日、球団事務所で会見を行う。

 米国帰国中は逮捕騒動に加え、カルラ夫人との離婚協議もあり、練習はトレーニングジムに通う程度だったという。小川監督はキャンプ当初の別メニュー調整を示唆し、「(米国には)野球道具もなかったみたい。どの程度の練習をやっているかわからない」と調整遅れを覚悟している。しかも、5月には一時的に戦線離脱を強いられそうだ。暴行、監禁事件の刑事裁判については弁護士による代理出廷で対応できる見込みだが、民事裁判の離婚協議が難航。5月初旬に出廷するため一時帰国し、複数の試合の欠場は避けられない。昨季は60本塁打のシーズン最多本塁打記録を更新、3年連続本塁打王を達成したバレだが、「4年連続本塁打王、ピンチ」と報じるスポーツ紙もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る