評論家、OBも太鼓判! バレンティン「今季は70発」の根拠

公開日: 更新日:

 28日、ヤクルトウラディミール・バレンティン(29)が来日。カルラ夫人への暴行、監禁容疑で逮捕、保釈されたばかりの“お騒がせ助っ人”は無事、キャンプ初日からチームに合流することになった。この日、成田空港で「戻ってこられてうれしい」と笑顔だったバレは29日、球団事務所で会見を行う。

 米国帰国中は逮捕騒動に加え、カルラ夫人との離婚協議もあり、練習はトレーニングジムに通う程度だったという。小川監督はキャンプ当初の別メニュー調整を示唆し、「(米国には)野球道具もなかったみたい。どの程度の練習をやっているかわからない」と調整遅れを覚悟している。しかも、5月には一時的に戦線離脱を強いられそうだ。暴行、監禁事件の刑事裁判については弁護士による代理出廷で対応できる見込みだが、民事裁判の離婚協議が難航。5月初旬に出廷するため一時帰国し、複数の試合の欠場は避けられない。昨季は60本塁打のシーズン最多本塁打記録を更新、3年連続本塁打王を達成したバレだが、「4年連続本塁打王、ピンチ」と報じるスポーツ紙もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  5. 5

    さぁ、困った! 即戦力のドラフト1位候補を評価できない

  6. 6

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  7. 7

    婚約内定会見から3年8カ月の眞子さまは…約束後45%が破棄

  8. 8

    宣言拡大延長なのに規制緩和の支離滅裂…スガ不況へ一直線

  9. 9

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  10. 10

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

もっと見る