バレンティン騒動は序の口 メジャーリーガーの「不良伝説」

公開日: 更新日:

「やっちゃいけないことですが、騒がれ過ぎの感もあります」

 こう言うのは、メジャーに詳しいスポーツライターの友成那智氏。ヤクルトのバレンティン(29)が夫人への暴行、監禁容疑で逮捕されたことについて、こんな印象を持っている。

「日本と米国では罪の認識に違いがある。家庭内暴力(DV)は日本以上にかなり厳しく取り締まる。実際、メジャーリーガーでもDVを理由に逮捕された選手もいる。ただ、それが原因でチームをクビになったり、出場停止を食らうケースは皆無に等しい」

■元重罪犯も普通にプレー

 DVに関していえば、楽天のジョーンズが来日直前に逮捕されたことは、日本のファンも知るところ。昨季、2年連続でア・リーグMVPを受賞したタイガースのミゲル・カブレラも、09年に逮捕された過去がある。友成氏が続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  5. 5

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  6. 6

    10連休GWの小遣い稼ぎに「3月高配当」21銘柄いまから狙う

  7. 7

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  8. 8

    AKBグループを蝕む“大企業病” 運営側グタグタ会見で露呈

  9. 9

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  10. 10

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

もっと見る