バレンティン騒動は序の口 メジャーリーガーの「不良伝説」

公開日: 更新日:

「やっちゃいけないことですが、騒がれ過ぎの感もあります」

 こう言うのは、メジャーに詳しいスポーツライターの友成那智氏。ヤクルトのバレンティン(29)が夫人への暴行、監禁容疑で逮捕されたことについて、こんな印象を持っている。

「日本と米国では罪の認識に違いがある。家庭内暴力(DV)は日本以上にかなり厳しく取り締まる。実際、メジャーリーガーでもDVを理由に逮捕された選手もいる。ただ、それが原因でチームをクビになったり、出場停止を食らうケースは皆無に等しい」

■元重罪犯も普通にプレー

 DVに関していえば、楽天のジョーンズが来日直前に逮捕されたことは、日本のファンも知るところ。昨季、2年連続でア・リーグMVPを受賞したタイガースのミゲル・カブレラも、09年に逮捕された過去がある。友成氏が続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  3. 3

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  4. 4

    ポスト安倍に西村康稔氏が急浮上 支持率急落で主流派焦り

  5. 5

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  6. 6

    ネット規制の狙いミエミエ 安倍政権が露骨なSNSデモ潰し

  7. 7

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  8. 8

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  9. 9

    山崎製パン 飯島延浩社長 軍隊的な異色経営の後継者は?

  10. 10

    支持率20%台の危険水域 安倍首相「8.24退陣説」囁かれる

もっと見る