バレンティン騒動は序の口 メジャーリーガーの「不良伝説」

公開日:  更新日:

「やっちゃいけないことですが、騒がれ過ぎの感もあります」

 こう言うのは、メジャーに詳しいスポーツライターの友成那智氏。ヤクルトのバレンティン(29)が夫人への暴行、監禁容疑で逮捕されたことについて、こんな印象を持っている。

「日本と米国では罪の認識に違いがある。家庭内暴力(DV)は日本以上にかなり厳しく取り締まる。実際、メジャーリーガーでもDVを理由に逮捕された選手もいる。ただ、それが原因でチームをクビになったり、出場停止を食らうケースは皆無に等しい」

■元重罪犯も普通にプレー

 DVに関していえば、楽天のジョーンズが来日直前に逮捕されたことは、日本のファンも知るところ。昨季、2年連続でア・リーグMVPを受賞したタイガースのミゲル・カブレラも、09年に逮捕された過去がある。友成氏が続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る