追い上げ虚しく6位も…真央の「8トリプル」はギネス認定へ

公開日:  更新日:

 悪夢の前日とは別人の演技だった。SP16位の浅田真央は現地20日(日本時間21日未明)、フリー演技に臨み、今季初めてトリプルアクセル(3A)が成功すると、本来の自分を取り戻した。

 3回転フリップ―3回転ループ、3回転ルッツ、ダブルアクセル―3回転トーループと次々にジャンプを決めて、6種類の3回転ジャンプを8度跳ぶ「エイト(8)トリプル」を達成。メダル争いの圏外で開き直ったことが奏功したのか、納得の演技に真央はラストダンスの直後に顔をゆがめて上を向いたまま涙を流した。

 採点はフリーの自己ベストを更新する142.71。トータル198.22で順位を6位まで盛り返した。

「これが自分がやろうと思っていた構成なので良かった。今朝の練習もそこまで良くなかった。いろいろあったのですが、ジャンプを一つ一つクリアに跳んでいこうと思った。昨日の演技はとても残念で悔しかった。取り返しがつかないことをしたと思う。メダルは持ち帰ることはできませんが、フリーでは4年間しっかりやってきたことを出せた。たくさんの方に支えてもらったので、私なりの恩返しができたかなと思います」(浅田)

 3Aが跳べるものしか実現できない「8トリプル」は女子で初。バンクーバー五輪で3回の3Aを成功させたことに続き、ギネスの世界記録に認定される可能性もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  4. 4

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る