• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

浅田真央がソチ五輪フリー曲に「ラフマニノフ」を選んだ意味

 愛知県名古屋市。フィギュアスケートが盛んなこの地からは浅田真央を含めて8人(延べ12人)の五輪選手が誕生している。

 女子の初代表は「天才少女」と呼ばれた伊藤みどり。88年カルガリー大会5位に終わった伊藤は、89年世界選手権で優勝。90年同選手権2位。金メダルが期待されて臨んだ92年アルベールビル大会では日本中の注目を一身に集めた。

 ところが、ショートプログラムでは、ジャンプミスから4位と出遅れる。フリーの演技もトリプルアクセル(3回転半ジャンプ=3A)で転倒。予定では、この3Aが失敗したら違うジャンプに切り替えるはずだった。

 その数分後、コーチの山田満知子は仰天する。体力が消耗している残り1分、伊藤は再び3Aを跳んで見事着氷。五輪の女子選手としては史上初めて3Aを成功させ大逆転で銀メダルを獲得した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  2. 2

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  3. 3

    写真誌に撮られた休日の有働アナに「私服がダサい」の声が

  4. 4

    国会大幅延長は安倍3選のためか 総裁選工作に血税90億円

  5. 5

    退所しても人気絶大 ジャニーズは3日やったらやめられない

  6. 6

    マキタスポーツらFA成功も…お笑い芸人に大淘汰時代の到来

  7. 7

    手越の未成年飲酒報道で狂い始めた NEWS小山の7月復帰計画

  8. 8

    「すれ違いが原因」に違和感 NHK桑子アナの離婚の真相は?

  9. 9

    X JAPAN・ToshI バラエティーで引っ張りだこの意外な理由

  10. 10

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

もっと見る