人前で見せないが…浅田真央が笑顔の裏で抱える“重い腰痛”

公開日: 更新日:

 その事実を知っているのは一部の関係者だけである。
 フィギュアスケート女子の公式練習が16日に行われ、浅田真央(23)はトリプルアクセル(3回転半ジャンプ=3A)を3度成功させると、フリーで跳ぶ2連続3回転ジャンプも鮮やかに決めた。

 明るい表情で40分間の調整を終えたその姿からは、体のどこかに故障を抱えているとは思えないのだが、実は彼女の腰はかなり悪いというのだ。

 浅田はここ数年、腰の痛みに苦しめられてきた。ソチで行われた2012年12月のグランプリファイナル(GF)は4年ぶり3度目の優勝を果たしたものの、フリーの直前練習で「腰痛で体に力が入らない」と佐藤コーチに漏らし、棄権も考えるほどの重症だった。

 昨年も11月のNHK杯の後は、腰への負担が大きいスピンの練習はほとんどできず、優勝したGFは痛み止めを飲んで出場。3Aが一回も成功しなかったのは腰をかばうあまり助走スピードが落ちていたからだ。年末の全日本選手権も精彩を欠き3位に終わった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK大河「いだてん」大コケでわかった ドラマとは主役次第

  2. 2

    李柄輝氏が語る朝鮮の原則「米国が提案蹴れば行動に移る」

  3. 3

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  4. 4

    朝から晩までピエール瀧 おかげで安倍悪辣政権が6年安泰

  5. 5

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  6. 6

    フジ月9の“復活”を占う 錦戸亮「トレース」最終回の視聴率

  7. 7

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  8. 8

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  9. 9

    また偽装発覚…安倍首相が施政方針演説で巧みな“錯覚工作”

  10. 10

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

もっと見る