日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ロッテ打線を翻弄…左腕の松井裕樹が右打者に強いワケ

「オープン戦とはいえ、ちょっと恥ずかしいよね」
 ライバル球団の007がほくそ笑んだ。

 ロッテは5日のオープン戦、楽天先発の松井裕樹(18)との初対決で大胆な手を打った。ルーキー左腕に対し、スタメンに9人の右打者をズラリと並べたのだ。

 左腕対策として、右打者を並べるのはセオリーの一つ。とはいえ、松井は高卒新人だ。攻略にしゃかりきになって1点も取れなかった。
「右打者ばかりを送り込むのは、松井を喜ばせるだけです」とは、某スコアラーだ。

「松井は右打者に対して、内外角をうまく使っている。スライダーは内側に食い込んでくる上に、五回に荻野貴を空振り三振に打ち取った外角のチェンジアップも意識せざるを得ない。これは厄介です。むしろ左打者の方が有利かもしれない。左打者にとっては、松井は右肩の開きが若干早い分、球スジは見やすいし、外角中心の配球になりがちだから、コースを絞りやすいはずです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事