星野監督激怒! NPB新人研修会で松井裕が失った3日間

公開日:  更新日:

 3日、NPB主催の新人選手研修会が都内で行われた。毎年恒例となっている元ニッポン放送アナウンサー、深沢弘氏による「話し方、インタビューへの対応」では、楽天の松井裕樹(18=桐光学園)、森友哉(18=大阪桐蔭)ら4選手が壇上で実演。深沢氏に「内容は文句ないけど、みんな声が小さい」とダメ出しをされた。

 中でも松井裕は深沢氏に、「しゃべり方が速い。口の開きが小さいから言葉が滑っていく。はい、僕のあとに続いて。ア」「ア」「イ」「イ」と、これまたお馴染みのやりとり。これにはさしもの黄金ルーキーも照れ笑い。研修会後は、「今後注意します。今まで早口だと言われたこと? ないです。(報道陣に)聞こえないようなら、言っていただければ……」と、頭をかいた。

■この時期こそ実戦が大事

 そんな新人研修会に噛み付いたのが星野監督。先月28日、「こんな大事な時期にやるなバカヤロー」と顔を紅潮させ、こう続けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る