権藤博氏が苦言 「松井裕は矯正するなと、星野監督はなぜ言わぬ」

公開日:  更新日:

 連合艦隊司令長官の山本五十六が残した有名な言葉を思い出す。

<やってみせ 言って聞かせて させてみてほめてやらねば 人は動かじ>

 当時は軍国主義の真っ盛り。上の者が白と言えば、カラスの色も変えなくてはいけない絶対的な上下関係があった。そういう時代の現場トップですら、「ほめなければ人は育たない」と言っているのに、日本のプロ野球は相変わらずだ。

 楽天のドラフト1位左腕、松井裕樹(18)の投球フォームに早々とメスが入った。キャンプ6日目にして、立ったときのかかとの向きが悪い、体を反り返らすな、右肩の開きが早い、とコーチが指摘。矯正に乗り出した佐藤コーチが「(松井が)『これは合いません』と言ったらやめればいい」と言っているのが救いとはいえ、1年目の、それも高校を出たばかりの18歳が、プロのコーチから受けた注意を「これは合わない」と無視はできない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る