ウッズ欠場…「マスターズ」は視聴率ダウンで大損必至

公開日:  更新日:

 タイガー・ウッズ(38)が腰の手術を受け、リハビリに専念するためマスターズ(10日開幕)を欠場することになった。

 ウッズにとって過去4勝と相性のいいオーガスタ・ナショナルGC。アマチュアで初めて出場した1995年大会以来の連続出場も途切れる。

 今季は得意としていたファーマーズ・インシュランスOP(7勝)、アーノルド・パーマー招待(8勝)も背中や腰の故障のために欠場。ホンダ・クラシックでは最終日に途中棄権など、プレーも精彩を欠いていた。

「ウッズの欠場に一番頭を痛めているのはマスターズ委員会と米ネットワークのCBSでしょう」と、米ゴルフ事情に詳しい吉川英三郎氏がこう指摘する。

「以前、ウッズがマスターズに勝った時と、勝てなかった時の平均テレビ視聴率を比較したことがありますが、勝てなかった試合では20ポイント強も数字がダウンしたのです。昨年は3年ぶりに世界ランク首位でマスターズに臨んだために、4日間の観戦チケットの闇レートが、前年の3675ドルから最高1万3820ドルにまで跳ね上がった。そして最終日の視聴率も前年比26ポイントアップの10.2%でした。セックススキャンダルで5カ月間の謹慎後にようやくマスターズに出てきた10年大会視聴率は、その前年の8.8%から12%にアップ。4大メジャーを制覇してタイガー・スラムを達成した01年大会は12.9%というゴルフ番組では驚異的な視聴率を獲得している。つまりマスターズの視聴率はウッズの存在が大きく影響しており、ウッズ不在では盛り上がらないということです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る