米ツアー 「石川2位」「松山3位」も無関心の米国内ゴルフ事情

公開日:  更新日:

 米ツアー2013/14年シーズン開幕戦で松山英樹が3位タイになり、石川遼は第2戦で2位タイの好成績を収めた。
 日本国内では2人の活躍に大騒ぎだが、米国ではほとんど注目されていないのが現状だ。

 というのもこの時期は例年、秋季シリーズとしてシード権を決めるだけの、いわば有力どころが出場しない“消化試合”というイメージが定着。

 ゴルフファンにすら見向きもされず、盛り上がりに欠けていた。そこでスポンサーに配慮した米PGAツアーが今年からシーズンを繰り上げることにしたのだ。

 とはいえ、この時期は大リーグのプレーオフで盛り上がっている。
 それにアメリカンフットボールのシーズンが開幕するために、ゴルフの視聴率はちっとも上がらない。

 タイガー・ウッズやフィル・ミケルソンらトッププロが出てくれば、話は違うのだろうが、ビッグネームはこの時期、スポンサーがらみの試合しか出ない。ツアー開幕が早まろうが、そもそも関心がないのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る