• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

選手も参る楽天のドタバタ…コーチの肩書が3日で2回変更

「佐藤投手コーチが監督代行になってから最下位に落ちたけど、あの人に責任をかぶせることは出来ない。米村さんはスケープゴートじゃないか」

 こんな声がチーム内から出ている。

 17日、楽天は星野監督の手術成功とリハビリ開始を発表。その同日に告知されたのが、米村外野守備走塁コーチと礒部二軍外野守備走塁コーチの入れ替えだ。礒部コーチはこの日行われたマツダスタジアムでの全体練習から一軍に合流し、「盗塁が少ないと聞いている。積極的に次の塁を狙うようにしたい」と話した。

 楽天の16盗塁はリーグワースト。5位ロッテの37盗塁の半分以下だ。走塁コーチが責任を問われるのも無理はないとはいえ、昨季も62盗塁はリーグ最少だった。

 楽天は14日にもコーチ陣の配置転換を行ったばかり。米村コーチが一塁ベースコーチを外され、作戦面担当に。代わりに平石打撃コーチが走塁兼任として、一塁ベースコーチになった。それからわずか3日後の配置転換だ。ひとりのコーチが3日間で2回も肩書が変わるのだから、選手だってたまったものではないだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事