選手も参る楽天のドタバタ…コーチの肩書が3日で2回変更

公開日: 更新日:

「佐藤投手コーチが監督代行になってから最下位に落ちたけど、あの人に責任をかぶせることは出来ない。米村さんはスケープゴートじゃないか」

 こんな声がチーム内から出ている。

 17日、楽天は星野監督の手術成功とリハビリ開始を発表。その同日に告知されたのが、米村外野守備走塁コーチと礒部二軍外野守備走塁コーチの入れ替えだ。礒部コーチはこの日行われたマツダスタジアムでの全体練習から一軍に合流し、「盗塁が少ないと聞いている。積極的に次の塁を狙うようにしたい」と話した。

 楽天の16盗塁はリーグワースト。5位ロッテの37盗塁の半分以下だ。走塁コーチが責任を問われるのも無理はないとはいえ、昨季も62盗塁はリーグ最少だった。

 楽天は14日にもコーチ陣の配置転換を行ったばかり。米村コーチが一塁ベースコーチを外され、作戦面担当に。代わりに平石打撃コーチが走塁兼任として、一塁ベースコーチになった。それからわずか3日後の配置転換だ。ひとりのコーチが3日間で2回も肩書が変わるのだから、選手だってたまったものではないだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  5. 5

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  6. 6

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  7. 7

    星野佳路氏 コロナと共生“マイクロツーリズム”で生き抜く

  8. 8

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

  9. 9

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  10. 10

    マック鈴木さん 手探りのマイナーからデビューまでを語る

もっと見る