選手も参る楽天のドタバタ…コーチの肩書が3日で2回変更

公開日:  更新日:

「佐藤投手コーチが監督代行になってから最下位に落ちたけど、あの人に責任をかぶせることは出来ない。米村さんはスケープゴートじゃないか」

 こんな声がチーム内から出ている。

 17日、楽天は星野監督の手術成功とリハビリ開始を発表。その同日に告知されたのが、米村外野守備走塁コーチと礒部二軍外野守備走塁コーチの入れ替えだ。礒部コーチはこの日行われたマツダスタジアムでの全体練習から一軍に合流し、「盗塁が少ないと聞いている。積極的に次の塁を狙うようにしたい」と話した。

 楽天の16盗塁はリーグワースト。5位ロッテの37盗塁の半分以下だ。走塁コーチが責任を問われるのも無理はないとはいえ、昨季も62盗塁はリーグ最少だった。

 楽天は14日にもコーチ陣の配置転換を行ったばかり。米村コーチが一塁ベースコーチを外され、作戦面担当に。代わりに平石打撃コーチが走塁兼任として、一塁ベースコーチになった。それからわずか3日後の配置転換だ。ひとりのコーチが3日間で2回も肩書が変わるのだから、選手だってたまったものではないだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  5. 5

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  8. 8

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

もっと見る