二軍では中継ぎばかり…楽天・松井“突貫工事”の狙いと成果

公開日:  更新日:

 ノーコン投手の汚名を返上できるか。31日、西武との二軍戦で5月5日以来となる先発のマウンドに上がる楽天の松井裕樹(18)。一軍では4試合に先発し、0勝3敗。19回3分の1で23四球と散々だった。

 二軍調整を命じられたのも当然だが、5月5日の日本ハム戦後は独立リーグ相手の試合も含めて5試合連続中継ぎ登板。先発として期待するルーキーに、なぜこんな調整をさせたのか。巨人、中日などで投手コーチの経験のある高橋善正氏(評論家)は「松井に限っての話だが」とこう言う。

「松井は一軍の打者相手に簡単に三振を取れるだけのボールがある(23三振)。キレも球威も申し分ない。課題だったのが制球難。制球を安定させるためには投げ込みより実戦で登板間隔を空けずに投げた方が効果がある。楽天は先発がコマ不足なので、一日でも早く松井に戻ってほしい球団の思いも見え隠れします」

 二軍落ち後は6試合16回3分の1で3四球。あとは先発として長いイニングをどれだけ投げられるかだ。順調なら6月21、22日、甲子園での阪神戦に復帰する予定。5位楽天の浮上のカギはこのルーキーが握っていると言われているが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  5. 5

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  6. 6

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  9. 9

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る