• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

二軍では中継ぎばかり…楽天・松井“突貫工事”の狙いと成果

 ノーコン投手の汚名を返上できるか。31日、西武との二軍戦で5月5日以来となる先発のマウンドに上がる楽天の松井裕樹(18)。一軍では4試合に先発し、0勝3敗。19回3分の1で23四球と散々だった。

 二軍調整を命じられたのも当然だが、5月5日の日本ハム戦後は独立リーグ相手の試合も含めて5試合連続中継ぎ登板。先発として期待するルーキーに、なぜこんな調整をさせたのか。巨人、中日などで投手コーチの経験のある高橋善正氏(評論家)は「松井に限っての話だが」とこう言う。

「松井は一軍の打者相手に簡単に三振を取れるだけのボールがある(23三振)。キレも球威も申し分ない。課題だったのが制球難。制球を安定させるためには投げ込みより実戦で登板間隔を空けずに投げた方が効果がある。楽天は先発がコマ不足なので、一日でも早く松井に戻ってほしい球団の思いも見え隠れします」

 二軍落ち後は6試合16回3分の1で3四球。あとは先発として長いイニングをどれだけ投げられるかだ。順調なら6月21、22日、甲子園での阪神戦に復帰する予定。5位楽天の浮上のカギはこのルーキーが握っていると言われているが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  8. 8

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  9. 9

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

  10. 10

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

もっと見る