星野監督「難病離脱」でどうなる楽天 鈴木康友コーチを直撃

公開日: 更新日:

「今後、ベンチが出すサインがどうなるか? それ、アレだろ。監督が代わったから野球も変わるんじゃないかって聞きたいんだろ?」

 笑いながらこう言うのは、楽天の鈴木康友内野守備走塁コーチ(54)だ。国指定の難病、胸椎黄色靱帯骨化症などで、一時チームを離れた星野監督(67)。6月上旬に手術を行い、早ければ約2カ月後の球宴明けの復帰が見込まれている。それまで監督代行を務めるのが、佐藤義則投手コーチ(59)。監督経験はないだけに、采配が懸念されている。しかし、鈴木コーチは「心配ない」とこう話す。

「オレもいろいろな監督の下で野球をやってきたけど、監督の現役時代のポジションによってある程度共通した傾向があるんだよ。捕手出身なら相手の裏をかいたり、徹底的な堅実さ。これは西武黄金時代の森(祇晶)監督が顕著だね。内野手出身なら戦略的。投手出身監督は投手の使い方や調整のさせ方がうまい。現役時代、自分がやってきたことだからね。星野監督は先発も抑えも経験しているから、その辺りは見事。ヨシさん(佐藤監督代行)も同じ投手だから、そう野球が変わることはないと思うよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  2. 2

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  3. 3

    “志村組”近藤春菜の「スッキリ」降板はいずれにせよ正解!

  4. 4

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  5. 5

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

  6. 6

    施政方針演説に疑問…コロナ収束より東京五輪開催が本音?

  7. 7

    第3戦の朝、原監督は顔を合わすなり「一塁は誰がいい?」

  8. 8

    爆笑田中が深夜の救急搬送 コロナ→脳梗塞でダウンの波紋

  9. 9

    バカな大将、敵より怖い…政府は“壊れた蛇口”で破産国家に

  10. 10

    コロナ禍で失業「食料品を1年間買わないことにしました」

もっと見る