楽天ナイン“疑心暗鬼” オリに全敗は「データ流出」が原因?

公開日:  更新日:

 また勝てなかった。

 14日、楽天はオリックスに4-8で負け。これで対オリックス戦は開幕から8戦全敗。中盤に2-6から2点を返し、反撃ムードと思われたのもつかの間、六回に3番手の西宮が四球と連続適時打で2失点とぶち壊した。

 昨季の対戦成績は楽天の16勝7敗1分け。「オリックス銀行」相手に貯金を積み重ね、球団初のリーグ優勝、日本一の栄光を勝ち取った。

 それがたった1年どころか、開幕2カ月でこのありさまだ。楽天は5位とはいえ、オリックス以外に負け越している相手はソフトバンクのみ。それも3勝5敗だ。星野監督が「どれだけ恥ずかしい思いをしているかを考えないと、このチームはダメ」と言うまでもなく、オリックスだけにコテンパンにされているのだ。

 最初は偶然でも、あまりに連敗が続けば「何か原因があるのでは?」と疑い始めるもの。「サインが盗まれているのか?」「丸裸にされているのでは?」と疑心暗鬼になり、「もしや?」と思い当たるフシがあれば、さらに悪循環に陥りかねない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  8. 8

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  9. 9

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  10. 10

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

もっと見る