• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

4回5四球で降板…2カ月では直らない楽天・松井の欠点

 まるでVTRを見ているかのような四球劇だった。

 19日の広島戦に先発した楽天の松井裕樹(18)。4月23日以来となる一軍先発も、4回3安打5四球3失点と制球難は相変わらず。初白星どころか、これで勝ちなしの4敗目となった。

 松井は開幕から4試合で23四球。星野監督に「投球のABCから勉強させる」と通告され、4月下旬に二軍落ちした。それから約2カ月、二軍では20回3分の1で6四球、38奪三振と結果を残したものの、一軍では何も変わっていなかった。

 評論家の高橋善正氏は「松井の欠点は2カ月やそこらで直るものではない」とこう言う。
「そもそも、腕を頭の真上から投げ下ろす現在のフォームでは、安定した制球力は望めない。それでもフォームを変えたくなければ、体重移動と、リリースポイントを一定にさせる練習が必要です。それには長いスパン、1年通して二軍で鍛えてもいいくらいです。少なくとも、試合経験を積めば何とかなるというレベルではない。それでも二軍で結果を残せたのは、ストライクゾーンに決まれば一軍でもそうは打てない球威があるからです。一軍では見逃される高めの直球も、二軍選手だと手が出てしまう。二軍戦は結果より内容が大事ということです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事