楽天・松井裕に中学時代の恩師「150キロを投げちゃダメ」

公開日:  更新日:

 吉と出るか凶と出るか。

 先発失格の烙印(らくいん)を押され、中継ぎに配置転換となった楽天の松井裕樹(18)。これに「二軍落ちじゃなくて良かった」と話すのが、中学時代に所属していた緑東シニアの恩師、中丸敬治監督だ。

「松井はメンタルが弱いということはないけど、一軍の雰囲気に戸惑っていたところもあったんじゃないか。中学の時は監督におだてられてやってきたようなものですから(笑い)。二軍では相手を見下ろして伸び伸び投げられるけど、それではいつまでも一軍の雰囲気に慣れることは出来ない。まあ、プロではない素人の私の考えですけど」

 サッカー日本代表ではないが、松井は「自分の投球」が出来たときは強い。中丸氏が言う。

「直球と同じ腕の振りで変化球も投げられるのが長所。ただ、彼の本質は変化球投手。150キロを投げるときは相当力んでいるので、変化球も同じ腕の振りでというわけにはいかない。それは松井の能力を超えている。むしろ、速球は140キロ台中盤くらいでいいんです。19日の広島戦でも、それが顕著でしたね。下位打線には持ち味を発揮できるのに、中軸打者には『力を入れないと抑えられない』と思ってしまうのでしょう。四球、四球の独り相撲でした。打たれるならまだしも、四球で自滅では糧にはならない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  9. 9

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る