楽天・松井裕に中学時代の恩師「150キロを投げちゃダメ」

公開日: 更新日:

 吉と出るか凶と出るか。

 先発失格の烙印(らくいん)を押され、中継ぎに配置転換となった楽天松井裕樹(18)。これに「二軍落ちじゃなくて良かった」と話すのが、中学時代に所属していた緑東シニアの恩師、中丸敬治監督だ。

「松井はメンタルが弱いということはないけど、一軍の雰囲気に戸惑っていたところもあったんじゃないか。中学の時は監督におだてられてやってきたようなものですから(笑い)。二軍では相手を見下ろして伸び伸び投げられるけど、それではいつまでも一軍の雰囲気に慣れることは出来ない。まあ、プロではない素人の私の考えですけど」

 サッカー日本代表ではないが、松井は「自分の投球」が出来たときは強い。中丸氏が言う。

「直球と同じ腕の振りで変化球も投げられるのが長所。ただ、彼の本質は変化球投手。150キロを投げるときは相当力んでいるので、変化球も同じ腕の振りでというわけにはいかない。それは松井の能力を超えている。むしろ、速球は140キロ台中盤くらいでいいんです。19日の広島戦でも、それが顕著でしたね。下位打線には持ち味を発揮できるのに、中軸打者には『力を入れないと抑えられない』と思ってしまうのでしょう。四球、四球の独り相撲でした。打たれるならまだしも、四球で自滅では糧にはならない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  4. 4

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  5. 5

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  6. 6

    星野佳路氏 コロナと共生“マイクロツーリズム”で生き抜く

  7. 7

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  8. 8

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  9. 9

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

  10. 10

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

もっと見る