楽天・松井裕に中学時代の恩師「150キロを投げちゃダメ」

公開日:  更新日:

 吉と出るか凶と出るか。

 先発失格の烙印(らくいん)を押され、中継ぎに配置転換となった楽天の松井裕樹(18)。これに「二軍落ちじゃなくて良かった」と話すのが、中学時代に所属していた緑東シニアの恩師、中丸敬治監督だ。

「松井はメンタルが弱いということはないけど、一軍の雰囲気に戸惑っていたところもあったんじゃないか。中学の時は監督におだてられてやってきたようなものですから(笑い)。二軍では相手を見下ろして伸び伸び投げられるけど、それではいつまでも一軍の雰囲気に慣れることは出来ない。まあ、プロではない素人の私の考えですけど」

 サッカー日本代表ではないが、松井は「自分の投球」が出来たときは強い。中丸氏が言う。

「直球と同じ腕の振りで変化球も投げられるのが長所。ただ、彼の本質は変化球投手。150キロを投げるときは相当力んでいるので、変化球も同じ腕の振りでというわけにはいかない。それは松井の能力を超えている。むしろ、速球は140キロ台中盤くらいでいいんです。19日の広島戦でも、それが顕著でしたね。下位打線には持ち味を発揮できるのに、中軸打者には『力を入れないと抑えられない』と思ってしまうのでしょう。四球、四球の独り相撲でした。打たれるならまだしも、四球で自滅では糧にはならない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

もっと見る