リハビリ中の楽天・星野監督が下した松井裕の「中継ぎ転向」

公開日: 更新日:

代行やコーチじゃ判断できない

 黄金ルーキーがとうとう先発を剥奪された。二軍調整を経ても、ノーコン病が治らない楽天の松井裕樹(18)。これに佐藤監督代行が「今のままでは先発は難しいけど、ボールに力はある」と、中継ぎへの転向を示唆したのだ。

 これまで調整のためにリリーフ登板した試合を除くと、先発した5試合で0勝4敗。23回3分の1で29四死球と、勝ち負けうんぬん以前の問題。二軍落ちしなかっただけマシというものだが、気になるのがその過程だ。

 佐藤監督代行が決断を下したのが23日。松井の最終登板が19日だから明白なデータがありながら、4日間も迷っていたことになる。投手育成にかけては「名伯楽」と呼ばれる佐藤監督代行らしくない。

 決断が遅くなった理由は指揮官にある。病気で戦線離脱した星野監督は手術を成功させ、もっかリハビリ中。直近の数試合は一軍首脳陣から逐一報告を受け、細かい指示を出しているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小栗会に合流で…役者仲間が危ぶんだ新井浩文の素行不良

  2. 2

    中日・根尾昂が宿舎で見せた「優等生」とは違う“別の顔”

  3. 3

    小出恵介は5億3000万円…新井浩文を待つ“15億円”賠償地獄

  4. 4

    新井浩文だけじゃない 共演者の犯罪で“お蔵入り”した名作

  5. 5

    お粗末JGA マスターズ女子アマ出場枠を早とちりし大騒動に

  6. 6

    大阪都構想“クロス選”脅し不発 松井知事に市民ドッチラケ

  7. 7

    日銀もカサ上げ 消費税アップを物価に反映させる“禁じ手”

  8. 8

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  9. 9

    勝負の年は初日97位…横峯さくらスポンサーも失い引退危機

  10. 10

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

もっと見る