リハビリ中の楽天・星野監督が下した松井裕の「中継ぎ転向」

公開日:  更新日:

代行やコーチじゃ判断できない

 黄金ルーキーがとうとう先発を剥奪された。二軍調整を経ても、ノーコン病が治らない楽天の松井裕樹(18)。これに佐藤監督代行が「今のままでは先発は難しいけど、ボールに力はある」と、中継ぎへの転向を示唆したのだ。

 これまで調整のためにリリーフ登板した試合を除くと、先発した5試合で0勝4敗。23回3分の1で29四死球と、勝ち負けうんぬん以前の問題。二軍落ちしなかっただけマシというものだが、気になるのがその過程だ。

 佐藤監督代行が決断を下したのが23日。松井の最終登板が19日だから明白なデータがありながら、4日間も迷っていたことになる。投手育成にかけては「名伯楽」と呼ばれる佐藤監督代行らしくない。

 決断が遅くなった理由は指揮官にある。病気で戦線離脱した星野監督は手術を成功させ、もっかリハビリ中。直近の数試合は一軍首脳陣から逐一報告を受け、細かい指示を出しているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  10. 10

    赤っ恥最下位で阪神OBが提言「大山を4番三塁に固定して」

もっと見る