グリエルの遠征拒否が球界のキューバブームに“冷や水”

公開日:  更新日:

 前代未聞である。昨7日、DeNAは8日からの巨人2連戦(8日は中止)のために沖縄へ移動。が、打率・316、4本塁打の主砲グリエル(30)は飛行機に乗りたくないと帯同せず、欠場が決まったからだ。

「説得したけど、どうしても行きたくないということだった」という高田GMが「病院で精神的な検査を受けてもらう」と呆れたのも当然だ。キューバの至宝とまでいわれる男だが、兆候はあった。球団関係者が言う。

「2日に富山で中日戦を行い、翌3日に静岡へ移動した際、チーム便の飛行機ではなく、グリエルらの外国人選手だけが特急などを乗り継いで陸路で静岡入りした。彼の飛行機嫌いは確かだけど、キューバから丸1日かけて飛行機で来日している。この日、病院で『飛行機恐怖症』と診断されたが、わがままと言われても仕方がない」

 沖縄に接近する大型台風による揺れが怖いというが、6月の来日早々、移動の疲れを関係者に吐露していたというから、単なるサボリの可能性もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る