グリエルの遠征拒否が球界のキューバブームに“冷や水”

公開日:  更新日:

 前代未聞である。昨7日、DeNAは8日からの巨人2連戦(8日は中止)のために沖縄へ移動。が、打率・316、4本塁打の主砲グリエル(30)は飛行機に乗りたくないと帯同せず、欠場が決まったからだ。

「説得したけど、どうしても行きたくないということだった」という高田GMが「病院で精神的な検査を受けてもらう」と呆れたのも当然だ。キューバの至宝とまでいわれる男だが、兆候はあった。球団関係者が言う。

「2日に富山で中日戦を行い、翌3日に静岡へ移動した際、チーム便の飛行機ではなく、グリエルらの外国人選手だけが特急などを乗り継いで陸路で静岡入りした。彼の飛行機嫌いは確かだけど、キューバから丸1日かけて飛行機で来日している。この日、病院で『飛行機恐怖症』と診断されたが、わがままと言われても仕方がない」

 沖縄に接近する大型台風による揺れが怖いというが、6月の来日早々、移動の疲れを関係者に吐露していたというから、単なるサボリの可能性もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  3. 3

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  9. 9

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  10. 10

    日ロ交渉はお先真っ暗…完黙でつけ込まれる河野“無能”外相

もっと見る