「キューバの至宝」グリエルがグッタリする“ニッポンの洗礼”

公開日: 更新日:

「キューバの至宝」の表情には疲労感が漂っていた。6日の日本ハム戦は雨天中止。DeNAの新助っ人・グリエル(29)の一軍デビュー戦は翌日以降に流れた。ファンは肩透かしだが、練習後の本人は「試合に向けて準備はしているが、まだ体調は万全ではない」と吐露。来日時に「日本食が口に合わない」と話していたこともあり、環境の変化に苦慮する様子をうかがわせた。

 この日は打撃練習中に左手に血豆を作った。二軍戦で2試合に出場しているとはいえ、中畑監督は「あまり練習量をこなしてなかったんだろう。彼にはあまり練習の習慣がないようだ」と指摘。「ブランコ、ソーサが先生になって、日本式の準備の仕方を教えてもらっている。嫌々でもやらなきゃいけない。本人にとってもいい勉強になると思う」と課題を挙げた。

■100人近くの報道陣

 ニッポンのマスコミの洗礼も浴びている。来日時から多くの記者に追っかけまわされており、この日の横浜スタジアムにも100人近くの報道陣が詰め掛けて、グリエルがロッカールームと室内練習場を往復する際には多くのフラッシュがたかれた。練習後の囲み取材では、「時差ボケはありますか?」とか「何時に起きて、何時に寝ましたか?」などと質問攻めに遭い、苦笑いを浮かべるシーンも。球場の関係者入り口の前に立てかけられた、中止を告知する看板の前でカメラマンによる“絵作り”に快く応じたものの、さすがに笑顔はひきつっていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  3. 3

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  4. 4

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  5. 5

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  6. 6

    10連休GWの小遣い稼ぎに「3月高配当」21銘柄いまから狙う

  7. 7

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  8. 8

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  9. 9

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  10. 10

    AKBグループを蝕む“大企業病” 運営側グタグタ会見で露呈

もっと見る