「日本に行くなら…?」キューバ選手が耳を傾ける相手とは

公開日:  更新日:

「キューバ選手間で、『行くなら都会がいい』という声が聞かれる」
 さる代理人筋がこんなことを言っている。

 現在、巨人のセペダ、DeNAのグリエルと2人のキューバ選手が日本でプレー。セペダは18日のオリックス戦で代打本塁打を放ったものの、打率.186、5本塁打、15打点。日本野球への対応に苦慮しているが、グリエルは食事など環境面の不安がありながら、打率.325、2本塁打、4打点と結果を残す。

 今オフはキューバ選手の獲得のため、各球団が「キューバ詣で」することが予想される。

 某在京球団は渉外担当を派遣することをすでに決めた。
「デスパイネなど有力選手の争奪戦になった場合、地方球団は不利かもしれない」

 とは、冒頭の代理人筋。
「キューバ選手は過去に日本に行った関係者にいろんな話を聞いている。なかでも、中日でのプレー経験があるスーパースター、リナレスの言葉は特に影響力がある。そのリナレスが選手に『行くなら地方都市よりも大都市圏がいい』ということをアドバイスしているというのです」

 セペダ、グリエルは首都圏の在京球団に入団した。日本ハム、楽天、広島はベタ降りか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る