政府が方針転換 キューバ人選手が続々来日するワケ

公開日: 更新日:

セぺダに続きグリエルも

「最終的にキューバ政府の背中を押したのはアブレイユの活躍ですよ」

 キューバ事情に詳しいジャーナリストは、選手が続々、日本球界入りしそうな現状に関してこう言った。

 巨人が12日、フレデリク・セペダ外野手(34)の入団を発表した。かと思えばDeNAは近日中にも「キューバの至宝」ユリエスキ・グリエル内野手(29)を獲得する。高田GMは「いい方向に行っている。そんなに時間はかからない」と話している。

「キューバ政府は昨年9月、選手の国外移籍を容認した。主力打者のアブレイユが米国に亡命、ホワイトソックスと6年総額6800万ドル(約68億円)の超大型契約を結び、いよいよ危機感を抱いた。そのアブレイユが4月、いきなりリーグトップの10本塁打、32打点をマーク。トップクラスの選手は自分たちもメジャーで結果を出して稼げると確信したはずで、政府はこれ以上、選手を縛り付けておくのは得策ではないと判断したのでしょう」(前出のジャーナリスト)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    東出の不倫をチクリ “ホスト界の帝王”ローランドの新名言

  4. 4

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  5. 5

    杏&東出昌大「2億円豪邸」は離婚危機の歯止めにならない?

  6. 6

    白鵬の言動「恥ずべきこと」と八角理事長 広報部長も喝!

  7. 7

    今期2つの連ドラに出演 柄本佑の人気が“うなぎ上り”のワケ

  8. 8

    徳勝龍の幕尻V盛り上がりで再燃 相撲ファンに白鵬“不要論”

  9. 9

    渡辺謙は不倫にダンマリ…義理の息子を叱れない“不肖の父”

  10. 10

    20年ぶりの幕尻V 徳勝龍を支えた肝っ玉母と美人妻を直撃

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る