東京五輪の野球復活を吹き飛ばす日本球界の「キューバ志向」

公開日:  更新日:

 巨人がセペダ(34)を初の実戦から4番で起用し続ければ、DeNAの中畑監督はグリエル(29)の二軍戦での一発に「あの一振りで十分。オーラを感じる」と喜色満面。キューバからの助っ人獲得が解禁され、日本球界は「これからも強打者が続々とやって来るに違いない」といまから腰を浮かしている。

「キューバにはまだまだ埋もれた逸材がゴロゴロしてる。身体能力はバツグンだし、野手に関して言えばヘタなメジャーリーガーなんかより、よっぽど期待できる」とはある球団の関係者。「とにかくキューバ政府との関係をより密にすることが先決」(同)と言うのだが、この日本球界のキューバへの傾倒ぶりを苦々しく思っているのが米大リーグ機構(MLB)だという。

 米国とキューバは国交がなく、亡命する選手が後を絶たない。昨季はプイグ(23)がドジャースでブレーク。今年はルーキーのアブレイユ(27=ホワイトソックス)が4月にいきなり月間MVPを受賞した。キューバ出身者が米球界を席巻、スポットライトを浴びつつある。それがひいては新たなファン開拓につながる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

もっと見る