1年目助っ人が参る酷暑 クルーズが語る“サウナ球場”対策

公開日: 更新日:

 この時季の球場はまるでサウナ風呂だ。

 阪神のゴメスは7月29日の試合を夏バテで欠場した。

 ゴメスに限らず、来日1年目の助っ人たちは日本の酷暑に参っている。ロッテのクルーズもその一人だ。7月25日の西武戦(西武ドーム)の前に日本の暑さについて話を聞いたら、呆れ顔でこういった。

「なんだこの蒸し暑さは。サウナだな(笑い)。このドームがこんなに暑いとは想像できなかった。歩くだけで汗が噴き出してくる。これで試合をするなんて想像するだけで嫌だね。試合中はベンチに戻るたびに何かを飲まないとやってられないよ。7月でこの暑さだろ。8月はこれ以上に暑くなるのか? 日本はアメリカに比べて湿気があり、本当に暑さがこたえる。メジャーでも凄く暑いエリア(例えばアリゾナやヒューストン)はあるけれど、ドーム球場で涼しいからね。札幌や福岡、大阪(いずれもドーム)はいいが、この暑さでここ(西武ドーム)とマリン(QVCマリン)は本当につらい。何か手を打っているのかって? とにかく水分を多めに取って、試合後は十分に睡眠を取ること。メジャーの時以上に体のケアには注意しないといけないな」

 甲子園が本拠地のゴメスもスポーツドリンクなどをマメに取っているようだが、この時季の屋外球場は「灼熱地獄」。助っ人の成績は急降下するかもしれない。ちなみに、1日のオリックス戦に負けたロッテのクルーズは3タコだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  2. 2

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  3. 3

    死骸で発見のジュゴンは…辺野古埋め立てで行方不明だった

  4. 4

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  5. 5

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  6. 6

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  7. 7

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  8. 8

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  9. 9

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  10. 10

    故内田裕也さんのロックな人生 破天荒の裏の“冷静と情熱”

もっと見る