1年目助っ人が参る酷暑 クルーズが語る“サウナ球場”対策

公開日:  更新日:

 この時季の球場はまるでサウナ風呂だ。

 阪神のゴメスは7月29日の試合を夏バテで欠場した。

 ゴメスに限らず、来日1年目の助っ人たちは日本の酷暑に参っている。ロッテのクルーズもその一人だ。7月25日の西武戦(西武ドーム)の前に日本の暑さについて話を聞いたら、呆れ顔でこういった。

「なんだこの蒸し暑さは。サウナだな(笑い)。このドームがこんなに暑いとは想像できなかった。歩くだけで汗が噴き出してくる。これで試合をするなんて想像するだけで嫌だね。試合中はベンチに戻るたびに何かを飲まないとやってられないよ。7月でこの暑さだろ。8月はこれ以上に暑くなるのか? 日本はアメリカに比べて湿気があり、本当に暑さがこたえる。メジャーでも凄く暑いエリア(例えばアリゾナやヒューストン)はあるけれど、ドーム球場で涼しいからね。札幌や福岡、大阪(いずれもドーム)はいいが、この暑さでここ(西武ドーム)とマリン(QVCマリン)は本当につらい。何か手を打っているのかって? とにかく水分を多めに取って、試合後は十分に睡眠を取ること。メジャーの時以上に体のケアには注意しないといけないな」

 甲子園が本拠地のゴメスもスポーツドリンクなどをマメに取っているようだが、この時季の屋外球場は「灼熱地獄」。助っ人の成績は急降下するかもしれない。ちなみに、1日のオリックス戦に負けたロッテのクルーズは3タコだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る