試合恐怖症? 虎の新助っ人ゴメスに相次ぐ“挙動不審”

公開日: 更新日:

「ゴメスがいないぞ!」

 23日、中日とのオープン戦(北谷)開始前、報道陣がテンヤワンヤになった。この日、対外試合デビューが予定されていた阪神の新助っ人・ゴメス(29)が試合直前に足の張りを訴え、タクシーで球場から去っていったのだ。

 ゴメスは、夫人の出産などで来日が遅れると、出場予定だった20日の紅白戦でも、前日に微熱を訴えて急きょ欠場。22日のシート打撃には復帰していただけに、何やら怪しい雰囲気が……。

「休日返上で練習するなど性格はまじめ。出場回避はケガを恐れた首脳陣の配慮もあるんやろうけど、実戦の前になるとどこかおかしくなるんやから。試合恐怖症でこのまま開幕まで逃げ切るつもりとちゃうか」
 と、苦笑いするのは在阪のマスコミ関係者。

 阪神のお騒がせ助っ人といえば、97年のグリーンウェルか。キャンプ中に一時帰国し、4月下旬に再来日するも、出場7試合目に自打球を右足に受けて骨折。「野球をやめろという神のお告げ」と帰国した。

 グリーンウェルを思い起こさせる虎の4番候補。杞憂に終わればいいが。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    巨人投壊の犯人は誰?桑田補佐「投げ込み奨励」が目の敵に

  3. 3

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  4. 4

    大谷二刀流が意外な不人気の謎解き 報道とファンは対照的

  5. 5

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  6. 6

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  9. 9

    ポスト夏目三久は誰?引退で熾烈な“椅子取りゲーム”が勃発

  10. 10

    菅野の故障で巨人が“腕まくり”引き留めに破格の40億円用意

もっと見る