試合恐怖症? 虎の新助っ人ゴメスに相次ぐ“挙動不審”

公開日: 更新日:

「ゴメスがいないぞ!」

 23日、中日とのオープン戦(北谷)開始前、報道陣がテンヤワンヤになった。この日、対外試合デビューが予定されていた阪神の新助っ人・ゴメス(29)が試合直前に足の張りを訴え、タクシーで球場から去っていったのだ。

 ゴメスは、夫人の出産などで来日が遅れると、出場予定だった20日の紅白戦でも、前日に微熱を訴えて急きょ欠場。22日のシート打撃には復帰していただけに、何やら怪しい雰囲気が……。

「休日返上で練習するなど性格はまじめ。出場回避はケガを恐れた首脳陣の配慮もあるんやろうけど、実戦の前になるとどこかおかしくなるんやから。試合恐怖症でこのまま開幕まで逃げ切るつもりとちゃうか」
 と、苦笑いするのは在阪のマスコミ関係者。

 阪神のお騒がせ助っ人といえば、97年のグリーンウェルか。キャンプ中に一時帰国し、4月下旬に再来日するも、出場7試合目に自打球を右足に受けて骨折。「野球をやめろという神のお告げ」と帰国した。

 グリーンウェルを思い起こさせる虎の4番候補。杞憂に終わればいいが。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK大河「いだてん」大コケでわかった ドラマとは主役次第

  2. 2

    李柄輝氏が語る朝鮮の原則「米国が提案蹴れば行動に移る」

  3. 3

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  4. 4

    朝から晩までピエール瀧 おかげで安倍悪辣政権が6年安泰

  5. 5

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  6. 6

    フジ月9の“復活”を占う 錦戸亮「トレース」最終回の視聴率

  7. 7

    権勢にしがみつき私情優先 野党結集を邪魔する「新6人衆」

  8. 8

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  9. 9

    また偽装発覚…安倍首相が施政方針演説で巧みな“錯覚工作”

  10. 10

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

もっと見る