キューバ剛腕メンドーサ入団に巨人原監督の本音は…?

公開日: 更新日:

 6日、キューバからの助っ人右腕投手、エクトル・メンドーサ(20)が来日。東京・大手町の巨人球団事務所で入団会見を行い、「いい投手になれるよう努力したい」と抱負を語ったが、獲得が決まった当初から現場にはそれほどの歓迎ムードはなかった。某コーチの反応も、「へえ、来たんだ?」と素っ気なかった。

 身長190センチから投げ下ろす直球は、常時150キロをマークするとの触れ込み。09年の16U台湾大会にキューバ代表として出場するなど国際舞台での経験も豊富とはいっても、母国ではヘスス・モンタネ・オロペサ大学に在学中の大学生だ。本人が「コンディションをしっかり整え、一軍の力をつけたい」と言えば、原沢球団代表兼GMも「今季は育成に重点を置いた指導をしていく」と言ったように、実質的には育成選手扱い。即戦力ではないから、投手陣の台所事情が火の車になっている現場にとっては、どうでもいいのだろう。

■先発、リリーフ陣とも崩壊寸前

 実際、巨人の投手陣はヤバイ。チームトップの9勝を挙げていた菅野が右手中指の腱の炎症で4日に登録抹消。本人は「10日で戻る」とは言うものの、腫れが引くまではボールを投げることすら制限されているから、復帰が長引く可能性は十分にある。後半戦開幕投手に指名され、優勝争いのキーマンと期待された沢村も不調で二軍落ち。代役の小山は5日のDeNA戦で4回5失点と炎上し、大竹と内海も安定感に欠ける。川口投手総合コーチが唯一、「今、一番頼れる投手」と言っていた杉内も、昨6日のDeNA戦で六回途中5失点でKOされた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    有原、西勇輝、松田宣、筒香、森友哉…5年ぶりBクラスの原巨人はFA乱獲へまっしぐら

    有原、西勇輝、松田宣、筒香、森友哉…5年ぶりBクラスの原巨人はFA乱獲へまっしぐら

  2. 2
    日テレが「笑点」についにメス! 林家三平の大喜利「卒業=戦力外」しかも秒読みだった

    日テレが「笑点」についにメス! 林家三平の大喜利「卒業=戦力外」しかも秒読みだった

  3. 3
    菅前首相の“絶賛弔辞”コピペ疑惑で赤っ恥 「前提すっ飛ばしなら一種の剽窃」と識者バッサリ

    菅前首相の“絶賛弔辞”コピペ疑惑で赤っ恥 「前提すっ飛ばしなら一種の剽窃」と識者バッサリ

  4. 4
    円楽師匠急逝で風雲急告げる「笑点」大喜利の後継者選び 落語協会と日テレの思惑に食い違い

    円楽師匠急逝で風雲急告げる「笑点」大喜利の後継者選び 落語協会と日テレの思惑に食い違い

  5. 5
    テレ朝・弘中綾香アナ結婚&彼氏の上場でWおめでた お相手はただの“一般男性”ではなかった

    テレ朝・弘中綾香アナ結婚&彼氏の上場でWおめでた お相手はただの“一般男性”ではなかった

  1. 6
    太田光また旧統一教会“擁護発言”で大炎上…暴走が“売り”のはすが完全裏目、現場は制御不能か

    太田光また旧統一教会“擁護発言”で大炎上…暴走が“売り”のはすが完全裏目、現場は制御不能か

  2. 7
    Nスペ旧統一教会特集に視聴者ガッカリ…安倍元首相との関係に触れず、国葬後の放送にも疑問符

    Nスペ旧統一教会特集に視聴者ガッカリ…安倍元首相との関係に触れず、国葬後の放送にも疑問符

  3. 8
    自民党・今井絵理子氏にSNSで怒り広がる SPEED再集結ライブ参加に「国会議員の仕事を」

    自民党・今井絵理子氏にSNSで怒り広がる SPEED再集結ライブ参加に「国会議員の仕事を」

  4. 9
    「ポスト水卜麻美」岩田絵里奈アナに有名俳優との“黒歴史”

    「ポスト水卜麻美」岩田絵里奈アナに有名俳優との“黒歴史”

  5. 10
    香川照之に続きENEOS会長までクラブでご乱行…彼らの失敗の本質はどこにあるのか

    香川照之に続きENEOS会長までクラブでご乱行…彼らの失敗の本質はどこにあるのか